JP2000020367A - Information storing method, information storage device and recording medium - Google Patents

Information storing method, information storage device and recording medium

Info

Publication number
JP2000020367A
JP2000020367A JP19952298A JP19952298A JP2000020367A JP 2000020367 A JP2000020367 A JP 2000020367A JP 19952298 A JP19952298 A JP 19952298A JP 19952298 A JP19952298 A JP 19952298A JP 2000020367 A JP2000020367 A JP 2000020367A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
file
information
stored
backup
storage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19952298A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hideki Hirakawa
Yoshihiro Omori
Kazuo Sumita
Shuichi Tsujimoto
一男 住田
善啓 大盛
秀樹 平川
修一 辻本
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make it possible to restore data even when data are lost due to user's misoperation or the like by detecting the operation state of a stored information file and storing the information file of which operation state is detected in a storage means in a time sequence based on the detected operation state. SOLUTION: In a 1st storage part 3, a directory A is prepared following a directory α and files B, C are stored in the directory α. In a 2nd storage part 4, a directory tree similar to that of the 1st storage part 3 is prepared. When a change in the contents of a data file stored in the 1st storage part 3, a change in the attribute information of the file, the deletion of the file, the preparation of a new file or the like is executed, a backup system 10 basically copies changed data of the 1st storage part 3 into the 2nd storage part 4, stores the newest state of the 1st storage part 3 and stores also its preceding state.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、たとえば、コンピュータのバックアップシステムに関する。 The present invention relates to, for example, on a computer backup system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、コンピュータは、多くの場で使用されるようになり、また、ネットワークでつながるようになってきた。 In recent years, the computer is made to be used in many places, also, has come to lead the network. これに伴い、ディスクの一部破損によるデータの損失や、ウィルスによるデータ消失・破壊などが頻発するようになってきている。 Along with this, it has become as loss of data or by the part of the disk corruption, such as virus by data loss or destruction occurs frequently. これに対しては、個人的にバックアップを取ったり、大規模な記憶容量が必要なため、頻繁に実行ができなかった。 For this, personally or take a backup, for large-scale storage capacity is required, it could not frequently performed. また、ミラーリングを行ったりしてバックアップデータを取るなどのシステムが用意されているが、ハードディスクなど2重のコストがかかり、また、可搬性にすぐれていないという欠点がある。 In addition, the system, such as backing up data or perform mirroring are prepared, it takes double the cost of such as a hard disk, also, there is a drawback that it is not superior portability. また、ウィルスの検出駆除に関しては、種々のシステムが開発されており、広く使われるようになってきているが、バックアップデータとの連携により、 Regarding the detection combating viruses, various and systems have been developed, but has come to be widely used, in cooperation with the backup data,
安全度を向上させることは行われていない。 It has not been done to improve the safety level.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】そこで、本発明は、個人が使用するコンピュータの保存データのバックアップコピーを常時行い、ユーザの操作ミス等によるデータの損失があってもデータの復元を可能にする情報記憶方法を提供することを目的とする。 The object of the invention is to solve is therefore an object of the present invention performs a backup copy of the stored data of the computer on which individuals to use at all times, to allow the restoration of data even if there is a loss of data due to erroneous operation of the user or the like and to provide an information storage method.

【0004】また、本発明は、個人が使用するコンピュータの保存データのバックアップコピーを常時行い、ユーザの操作ミス等によるデータの損失があってもデータの復元を可能にする情報記憶装置を提供することを目的とする。 Moreover, the present invention performs a backup copy of the stored data of the computer that individuals always used, to provide an information storage device even if there is data loss due to operation error or the like of the user to enable data recovery and an object thereof.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】本発明の情報記憶方法は、保存された情報ファイルの操作状態(新規作成、更新、削除)を検知して、その検知された操作状態に基づき該操作状態の検知された情報ファイルを記憶手段に時系列に記憶することにより(記憶手段(第2の記憶部4)に当該ファイルの作成時間に従って、そのファイルのバックアップファイルをリンク付けしてバックアップファイルの履歴を作成することにより)、ユーザの操作ミス等によるデータの損失があってもデータの復元を可能にする。 Information storage method of the present invention According to an aspect of the operation state of the stored information file (New, updated, deleted) by detecting, of the operation state based on the detected operating conditions according creation time of the file (the storage unit (second storage unit 4) by storing in time series in the storage means the sensed information file, a history of backup files to put links a backup file of the file by creating), even if there is loss of data due to misoperation of the user such as to permit restoration of the data.

【0006】また、前記記憶手段は可搬型の記録媒体であり、該記憶手段に記憶された情報ファイルに基づき前記保存された情報ファイルを更新することにより、例えば、オフィスのコンピュータの環境を、そのまま、家庭のコンピュータで再現できる等、複数のコンピュータ環境の統一化が図れ、安全で(例えば、記憶手段に情報ファイルを記憶する際には、ウイルスチェック等のデータの破損のチェックを行う)、効率的なコンピュータの利用環境を提供できる。 Further, the storage unit is a portable recording medium, by updating the stored information file based on the information stored file in the storage means, for example, the environment of the office computer, it , etc. can be reproduced by a home computer, Hakare the unification of a plurality of computing environments, safe (e.g., when storing the information file in the storage means, to check the data corruption virus checking, etc.), the efficiency it is possible to provide a specific computer usage environment.

【0007】本発明の情報記憶装置は、保存された情報ファイルを、その操作状態に基づき記憶する記憶手段と、前記保存された情報ファイルの操作状態(新規作成、更新、削除)を検知する検知手段と、この検知手段で操作状態の検知された情報ファイルを時系列に前記記憶手段に記憶することにより(記憶手段(第2の記憶部4)に当該ファイルの作成時間に従って、そのファイルのバックアップファイルをリンク付けしてバックアップファイルの履歴を作成することにより)、ユーザの操作ミス等によるデータの損失があってもデータの復元を可能にする。 [0007] Information storage device of the present invention, detects the stored information file, for detecting and storing means for storing based on the operation state, the operation state of the stored information file (New, updated, deleted) the It means, according to the creation time of the file (the storage unit by storing the sensed information file operation state at this detecting means to said memory means in time series (the second storage unit 4), a backup of the file and with linking files by creating a history of backup files), even if there is loss of data due to misoperation of the user such as to permit restoration of the data.

【0008】また、前記記憶手段は可搬型の記録媒体であり、該記憶手段に記憶された情報ファイルに基づき前記保存された情報ファイルを更新する更新手段をさらに具備したことにより、例えば、オフィスのコンピュータの環境を、そのまま、家庭のコンピュータで再現できる等、複数のコンピュータ環境の統一化が図れ、安全で(例えば、記憶手段に情報ファイルを記憶する際には、 Further, the storage unit is a portable recording medium, by which, further comprising updating means for updating the stored information file based on the information stored file in the storage means, for example, office the computer environment, it is, like can be reproduced by a home computer, Hakare the unification of a plurality of computing environments, safe (e.g., when storing the information file in the storage means,
ウイルスチェック等のデータの破損のチェックを行う)、効率的なコンピュータの利用環境を提供できる。 Checking of data corruption of the virus check, etc.), it is possible to provide an efficient computer usage environment.

【0009】 [0009]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態について図面を参照して説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be explained with reference to the accompanying drawings, embodiments of the present invention.

【0010】図1は、本実施形態に係る情報記憶装置の構成を概略的に示したもので、ディスプレイなどの表示装置へユーザへの情報を呈示する表示部1と、キーボード、ペン等によりユーザの所望するデータを入力する入力部2と、オペレーションシステム、ユーザデータファイルなどを記憶する第1の記憶部3と、第1の記憶部3 [0010] Figure 1 is a configuration of an information storage device according to this embodiment is that shown schematically, the user and the display unit 1 for presenting information to a user to a display device such as a display, a keyboard, a pen or the like desired an input unit 2 for inputting data, operating system, a first storage unit 3 that stores a user data file, the first storage unit 3 of the
に記憶されたデータファイルのバックアップデータを記憶する第2の記憶部4と、上記各部の制御を司るとともに、第1の記憶部3に記憶されたデータファイルの操作状態(例えば、更新、新規作成、削除)を検知して、その検知した操作状態に基づき、第2の記憶部4にバックアップデータの書き込み等のバックアップ処理を行う制御部5とから構成されている。 A second storage unit 4 for storing the backup data of data stored file to, along with controls the above units, the operation state of the first data file stored in the storage unit 3 (e.g., update, New , it detects the deletion), based on the detected operating state, and a second controller 5 for performing the storage unit 4 the backup process such as writing the backup data.

【0011】図1の情報記憶装置は、例えば、スピーカ、ディスプレイ(表示装置)等の出力手段、タッチパネル、マイクロフォン、マウス、キーボード等の入力手段、フロッピーディスクやCD−RAM、DVD−RA [0011] Information storage device of FIG. 1, for example, a speaker, a display output unit (display device) or the like, a touch panel, a microphone, a mouse, an input means such as a keyboard, a floppy disk or CD-RAM, DVD-RA
M等の記録媒体にアクセスして情報の書込および読み出しを行うドライブ装置、ハードディスク装置等の大容量記憶装置、主メモリ、及びCPU等を備えたパーソナルコンピュータ(計算機)を用いて実現される。 Drive apparatus accesses the recording medium M such as for writing and reading of data, a mass storage device such as a hard disk device is realized by using a main memory, and a personal computer having a CPU or the like (computer).

【0012】特に、図1の表示部1、入力部2、制御部5の機能は、その機能を上記のパーソナルコンピュータにより実行させるためのプログラムを記録した記憶媒体、例えばフロッピーディスクやCD−ROMを用い、 [0012] In particular, the display unit 1 of FIG. 1, the input unit 2, the function of the control unit 5 can provide a storage medium storing a program for executing the function by the personal computer, for example, a floppy disk or CD-ROM using,
当該記録媒体を上記パーソナルコンピュータ中のフロッピーディスク装置あるいはCD−ROMドライブ装置に装着して、当該フロッピーディスクあるいはCD−RO The recording medium is attached to the floppy disk drive or CD-ROM drive in the personal computer, the floppy disk or CD-RO
Mに記録されているプログラムを上記パーソナルコンピュータ(中のCPU)で読み取り実行させることにより実現される。 The program recorded in M ​​is realized by executing the read by the personal computer (CPU medium). また、第1の記憶部3は、上記パーソナルコンピュータのハードディスク上に構成され、第2の記憶部4は、例えばDVD−RAM、CD−RAM等の可搬型の記録媒体に構成され、該記録媒体は上記パーソナルコンピュータに接続されるドライブ装置を介して制御部5からアクセス可能となる。 The first storage unit 3 is configured on the hard disk of the personal computer, the second storage unit 4, for example, DVD-RAM, is configured to a portable recording medium such as a CD-RAM, the recording medium becomes accessible from the control unit 5 via a drive device connected to the personal computer.

【0013】図2に示すように、本実施形態の情報記憶装置をパーソナルコンピュータシステムを用いて実現する場合、表示部1、入力部2、制御部5の機能を総括してバックアップシステム10と呼ぶことにする。 [0013] As shown in FIG. 2, when implemented using a personal computer system information storage device of the present embodiment, referred to as a backup system 10 are collectively function of the display unit 1, an input unit 2, the control unit 5 It will be.

【0014】当該パーソナルコンピュータ(以下、簡単にコンピュータと呼ぶ)にはバックアップシステム10 [0014] The personal computer (hereinafter, simply referred to as a computer) backup system 10 to
の他にも、各種オペレーションシステムや複数のシステム(例えば、文書作成システム11、12)が稼働されて、随時、例えばハードディスク上に構成された第1の記憶部3にアクセスしている。 In addition to the various operating systems or multiple systems (e.g., a document creation system 11, 12) is running at any time, for example, it accesses the first storage unit 3 configured on the hard disk.

【0015】現在パーソナルコンピュータ上で稼働されているオペレーションシステムで適用されているファイルシステムがディレクトリツリーで構成されているとすると、第1の記憶部3には、ディレクトリαの下にディレクトリAが作成されていて、さらにディレクトリαにはファイルB、Cが保存されているものとする。 [0015] file system that is applied in the operating system that is running on the current personal computer that is composed of a directory tree, the first storage unit 3, the directory A is created under the directory α have been news directory α shall file B, C is stored.

【0016】バックアップシステム10は、第1の記憶部3に記憶されたデータファイルのバックアップデータを第2の記憶部4に作成するものである。 The backup system 10 is to create a backup data of data stored file in the first storage unit 3 to the second storage unit 4.

【0017】以下、本実施形態の情報記憶装置がパーソナルコンピュータ(計算機)を用いて実現される場合を例にとり説明する。 [0017] Hereinafter, the information storage device of the present embodiment will be described taking an example in which is implemented using a personal computer (computer).

【0018】図3は、第2の記憶部4に記憶されるバックアップデータの一例を示したものである。 [0018] Figure 3 illustrates an example of a backup data stored in the second storage unit 4. 図3において、第2の記憶部4には第1の記憶部3と同様なディレクトリツリー)が作成されている。 3, the second storage unit 4 first storage unit 3 and the same directory tree) is created.

【0019】第1の記憶部3に記憶されているデータファイルに対して、その内容が変更されたり、ファイル名等のファイルの属性情報が変更されたり、ファイルが削除されたり、ファイルが新規作成されたりするが、バックアップシステム10は、こうした第1の記憶部3のデータファイルの変化に対し、基本的には、変化したデータを第2の記憶部4にコピーして第1の記憶部3の最新の状態を保存するとともに、それ以前の状態をも保存する。 [0019] with respect to the first of the data files that are stored in the storage unit 3, is changed or its contents, or attribute information of the file such as the file name is changed, or file is deleted, the file is newly created Although or is, the backup system 10 to changes in these first data file storage unit 3, basically, the first storage unit 3 by copying the changed data in the second storage unit 4 with to save the current state of, even to save an earlier state.

【0020】具体的には、第1の記憶部1に記憶されている操作状態の変化したデータファイルのバックアップファイルを第2の記憶部4上に作成し、その最新のバックアップファイルと、その前のバックアップファイルとをリンク付けて更新履歴を作成するのである。 [0020] Specifically, the backup file of the first changed data file manipulation state stored in the storage unit 1 to create on the second storage unit 4, and the latest backup file, before than is to create an update history with the link and a backup file.

【0021】例えば、第2の記憶部4のファイル名が「ファイルB」というファイルにおいて、最も最近作成されたバックアップファイル101と、その前に作成したバックアップファイル102と、さらに前に作成したバックアップファイル103とが時系列にリンクされて保存されている。 [0021] For example, in the second file file name of the storage unit 4 is referred to as "file B", the most recent backup file 101 that is created, a backup file 102 created before the backup file that was created more ago 103 and are stored is linked to the time series.

【0022】第2の記憶部4に新たにバックアップファイルを作成する際には、各バックアップファイルに対応するバックアップファイル情報を作成する。 [0022] When creating a new backup files in the second storage unit 4 creates a backup file information corresponding to each backup file.

【0023】バックアップファイル情報には、例えば、 [0023] in the backup file information is, for example,
当該バックアップファイルのファイルシステム中の所在(例えば、現時、通常利用されている階層状のファイルシステムでは、パス名とファイル名に相当する)と、当該ファイルのタイプおよび操作状態および作成時間と、 Location in the file system of the backup file (e.g., present time, the hierarchical file system that is usually utilized, which corresponds to the path name and file name) and the types and operating conditions, and creation time of the file,
バックアップ時間と、前版ファイル(当該バックアップファイルの1つ前に作成されたバックアップファイルの所在で、例えばパス名とファイル名)および後版ファイル(当該バックアップファイルの次に作成されたバックアップファイルの所在で、例えばパス名とファイル名) And backup time, location of the previous edition file (location of the backup file that was created prior to one of the backup file, for example, the path name and file name) and a rear plate files (next created backup file of the backup file in, for example, the path name and file name)
と、当該バックアップファアイルが圧縮されているか否かを示すフラグ情報(「圧縮」)と、プリミティブファイルであるか否かのフラグ情報(「プリミティブファイル」)とで構成されている。 When the flag information indicating whether the backup files aisle is compressed ( "compression"), is constructed out with a flag indicating whether or not the information is a primitive file ( "Primitive File").

【0024】ファイルのタイプは、所定の文書作成システムを用いてユーザにより作成された文書ファイル等であれば「ユーザ」、ユーザにより当該パーソナルコンピュータにインストールされた文書作成システム等の他のシステムの実行ファイル等であれば「アプリケーション」、当該パーソナルコンピュータのオペレーションシステムの関連ファイルで、パーソナルコンピュータを起動、動作に必要なファイルであれば「システム」となる。 The type of the file, the execution of other systems of the document creation system or the like which is installed in the personal computer by the "user", the user if a document file or the like which is created by the user using a predetermined document creation system if the file such as "applications", in the context file operation system of the personal computer, start a personal computer, if the file required for the operation becomes a "system".

【0025】操作状態は、第1の記憶部3における当該ファイルについて検知された操作状態で、「新規作成」 The operation state is a sensed operating condition for the file in the first storage section 3, "New"
「更新」「削除」という3種類の状態がある。 There are three types of state is referred to as "update", "delete". この操作状態の項目が「新規作成」のとき、当該ファイルのバックアップファイルが作成される以前と、後にはバックアップファイルが存在しないので、前版ファイルおよび後版ファイルは「NULL」と示される。 When the item of the operation state is "New", and before the backup file of the file is created, because there is no backup file after, the previous edition file and rear version of the file is shown as "NULL". また、操作状態が「削除」のとき、その後のバックアップファイルは存在しないで、後版ファイルは「NULL」となる。 In addition, when the operation state is "delete", not the subsequent backup file exists, after the version of the file is "NULL". 前版ファイルと後版ファイルにより、各ファイル名毎のバックアップファイルが時系列にリンクされている。 By the previous version of the file and the rear version files, backup files of each file name has been linked to the time series.

【0026】作成時間は、当該ファイルが第1の記憶部3で新規作成あるいは更新あるいは削除された時間である。 The creation time, the file is newly created or updated or deleted time first storage section 3.

【0027】バックアップ時間は、第2の記憶部4に当該バックアップファイル情報の作成された時間である。 The backup time is a second creation time of the backup file information in the storage unit 4.

【0028】プリミティブファイルとは、バックアップファイルの新規作成時またはユーザが指示した時点における第1の記憶部3に記憶されているファイル内容全体をバックアップファイルとして第2の記憶部4に記憶したものである。 [0028] The primitive file, which was stored the entire file contents stored in the first storage unit 3 at the time New time or the user has instructed the backup file as a backup file in the second storage 4 is there. プリミティブファイルを用いた場合、プリミティブファイル以外のバックアップファイルはプリミティブファイルに対する差分のみであってもよい。 When using the primitive file, backup file other than the primitive file may be only the difference to the primitive file. この場合、第2の記憶容量を小さく抑えることができる。 In this case, it is possible to suppress the second storage capacity.

【0029】なお、本発明では、バックアップファイルの圧縮方式は、特に限定するものではない。 [0029] In the present invention, the compression method of the backup file is not particularly limited.

【0030】バックアップファイル情報は、各ファイル毎に時系列にポインタで結んだリスト構造をなしている。 The backup file information, and has a list structure that connects with the pointer in a time series for each file. すなわち、最新のバックアップファイル情報が作成されれば当該ファイル名に対応するリスト構造の先頭にポインタで接続され、各ファイル名のリスト構造には常に最新のバックアップファイル情報が先頭にある。 That, coupled with the pointer to the top of the list structure corresponding to the file name if the latest backup file information created, the head is always the latest backup file information to the list structure of each file name.

【0031】第2の記憶部4には、さらに、最終バックアップ時刻と、バックアップ制御情報とが記憶されている。 [0031] The second storage unit 4 further includes a final backup time, and the backup control information is stored.

【0032】最終バックアップ時刻は、バックアップ処理を実行した時刻である。 The last backup time is the time when you run the backup process.

【0033】バックアップ制御情報は、ユーザにより指定されたバックアップ処理における制御情報であり、当該バックアップシステム(第2の記憶部4)を利用する親コンピュータの識別情報(あるいは親コンピュータで利用されるOSの識別情報)と、バックアップファイルを作成する必要のないファイル名を指定するためのバックアップ不要ファイル情報と、第2の記憶部4を親コンピュータではなく子コンピュータのバックアップシステムで利用する場合に、当該子コンピュータに親コンピュータの第1の記憶部3と同様なファイル環境を復元するために必要な復元指定ファイル情報とから構成されている。 The backup control information is control information in the backup processing specified by the user, the OS utilized in the parent computer identification information (or parent computer utilizing the backup system (second storage section 4) identification information), and the backup unnecessary file information for specifying the file name is not necessary to make a backup file, if the second storage unit 4 parent computer utilized in the backup system crying child computer child and a and restoring the specified file information required to restore the same file environment as the first storage unit 3 of the parent the computer.

【0034】例えば、ユーザは、オフィスで利用しているコンピュータの環境を家庭のコンピュータに再現する場合を想定する。 [0034] For example, a user, a case is assumed to reproduce the computer environments that are available in the office to the home computer. この場合、オフィスで利用しているコンピュータを親コンピュータと呼び、家庭て利用しているコンピュータを子コンピュータと呼ぶことにする。 In this case, call the computer you are using in the office with the parent computer, will be a computer that is use this in the home is referred to as a child computer. ユーザは親コンピュータの環境(具体的には、第1の記憶部3に記憶内容)の全てを子コンピュータ(の第1の記憶部3)に再現したい場合もあれば、その一部のファイルのみの再現を希望する場合もあるであろう。 The user (specifically, the storage contents in the first storage unit 3) parent computer environment Some want to reproduce all of the child computer (first storage section 3), only that part of the file there will be also if you wish to reproduce. 復元指定ファイル情報は、このように、親コンピュータの環境の全部または一部を子コンピュータに再現するめのものである。 Restore file specified information is, in this way, is of the order to reproduce the child computer all or part of the parent computer environment. 例えば、親コンピュータの環境の全部を再現する場合には「全指定」と、また、一部を再現する場合には、所望のパス名、ファイル名が指定される。 For example, in the case of reproducing all of the parent computer environment as "all-specified", also, in the case of reproducing the part, the desired path name, the file name is specified. なお、子コンピュータには、バックアップシステム10、第1の記憶部3を具備している必要がある。 Note that the child computer, it is necessary that comprises a backup system 10, the first storage section 3. (バックアップデータの作成)図4は、バックアップシステム10(図1の表示部1、入力部2、制御部5)の処理動作を説明するためのフローチャートで、親コンピュータ上での処理動作について示したものである。 (Creating a backup data) Figure 4, the backup system 10 in the flow chart for explaining the (display unit 1 of FIG. 1, the input unit 2, the control unit 5) of the processing operation, shown for the processing operation on the parent computer it is intended.

【0035】バックアップシステム10が起動されると、第2の記憶部4の設定処理を行う(ステップS [0035] When the backup system 10 is activated, performs setting processing of the second storage unit 4 (step S
1)。 1).

【0036】第2の設定処理動作について図5に示すフローチャートを参照して説明する。 [0036] will be described with reference to the flowchart shown in FIG. 5 for the second setting processing operations. 制御部5は、例えば、ドライブ装置に第2の記憶部4としてのDVD−R Control unit 5, for example, DVD-R as a second storage unit 4 to the drive unit
AM等の可搬型記録媒体が装着されているか否かをチェックする(ステップS11)。 Portable recording medium AM or the like to check whether it is mounted (step S11). 装着されていない場合には、その旨のメッセージを表示部1を介してディスプレイに表示する(ステップS12)。 If not mounted it is displayed on the display through the display unit 1 a message to that effect (step S12). 装着されている場合は、当該記録媒体が現在使っているコンピュータで使用できる処理(フォーマット等)が為されたものであるか否かをチェックする(ステップS13)。 If it is mounted, the recording medium is checked whether or not processing that can be used to (format, etc.) have been made on a computer that is currently using (step S13). 当該コンピュータでの使用が不可のときはステップS12へ進み、その旨のメッセージを表示部1を介してディスプレイに表示する。 Use in the computer proceeds to step S12 when the impossible is displayed on the display through the display unit 1 a message to that effect. 当該コンピュータの使用が可能であるときは、 When use of the computer is possible,
当該記録媒体からバックアップ制御情報を読み出して、 It reads the backup control information from the recording medium,
その中に含まれるコンピュータ識別情報と当該親コンピュータの識別情報とを照合する(ステップS14)。 Collating the identification information of the computer identification information and the parent computer contained therein (step S14). これらが一致しているときは、第2の記憶部の設定処理を終了し、図4のステップS2へ進む。 When these are identical, ends the setting processing of the second storage unit, the process proceeds to step S2 in FIG. 4.

【0037】このステップS14のチェックをいれることにより、誤ったコンピュータ(例えば、親コンピュータでないコンピュータ)のバックアップをとって、データを紛失するなどのミスを防止することができる。 [0037] by putting a check of the step S14, the wrong computer (for example, not a parent computer computer) it is possible to prevent mistakes such as taking a backup, you lose the data.

【0038】ステップS14でコンピュータ識別情報と該親コンピュータの識別情報とが不一致のときは、図5 [0038] When the identification information of the computer identification information and parent computer mismatch in step S14, FIG. 5
のステップS15へ進み、当該記録媒体に保存されているファイルにより、その現在使用しているコンピュータを起動するか否かを問い合わせるメッセージを表示部1 The process proceeds to step S15, the the recording medium is stored in a file, the currently displayed message inquiring whether to start the computer you are using part 1
を介してディスプレイに表示する。 It is displayed on the display through. この問い合わせい応じて、ユーザが当該記録媒体に記憶されているファイルによるコンピュータの再起動を指定した場合には、ステップS16へ進み、当該記録媒体に保存されているOS The inquiry had Correspondingly, if the user specifies to restart the computer by the file stored on the recording medium, the process proceeds to step S16, is stored on the recording medium OS
を利用してコンピュータを再起動し、第2の記憶部の設定処理を終了するる。 The utilized to restart the computer, Ruru to end the setting process of the second storage unit.

【0039】図4の説明に戻り、ステップS2では、バックアップシステム10は、バックアップ処理が実行可能か否かをチェックする。 [0039] Returning to FIG. 4, in step S2, the backup system 10 checks whether the backup process can be executed. 例えば、ユーザがコンピュータへ所定時間以上何も入力を行わなかった場合にバックアップ処理が可能となる。 For example, the backup process is possible when the user has not performed any more than a predetermined time to the computer input. このため、ステップS2では、ユーザ入力があった最終時刻と現在時刻とを比較し、予め定められた所定時間が経っているか否かをチェックする。 Therefore, in step S2, it compares the last time and the current time there is user input, checks whether passed a predetermined time determined in advance. 所定時間経過してと判断したときは、第2の記憶部4の空き記憶容量をチェックする(ステップS When it is determined that the predetermined time has elapsed, checking the available storage capacity of the second storage unit 4 (step S
3)。 3).

【0040】空き記憶容量が充分か不足かを判断する場合には、2つの方法がある。 [0040] If the free storage capacity to determine whether the lack of sufficient or is, there are two ways. すなわち、充分であると判定できる空き記憶容量を絶対量で予め定めておき、現在の第2の記憶部4の空き記憶容量がこの値より小さきときには、不足と判定する。 That is, set in advance in the absolute amount of free storage capacity can be determined to be sufficient, when available storage capacity of the current of the second storage unit 4 Little than this value, it is determined that insufficient. また、第2の記憶部4のもともとの記憶容量に対する空き記憶容量の割合が一致値より下まわったとき空き記憶容量が不足していると判定するようにしてもよい。 Further, it may be determined that the free storage space is insufficient when the ratio of the free storage capacity for the original storage capacity of the second storage unit 4 falls below than match value. このような判定の閾値は、ユーザが指定するものえあっても、予め定められているものであってもよい。 Such determination threshold value, even example those user designates may be those predetermined. いずれの方法を採用するにしても、第2 It is to employ any of the methods, the second
の記憶部4の空き記憶容量が所定の閾値より小さい場合は、ステップS4へ進み、第2の記憶部4の空き記憶容量の拡大処理(領域拡大処理)を実行する。 When the free storage capacity of the storage unit 4 is smaller than a predetermined threshold value, the process proceeds to step S4, executes enlargement processing free storage capacity of the second storage unit 4 (the region enlargement processing). この領域拡大処理については後述する。 This region growing process will be described later.

【0041】なお、図4に示すようなバックアップ処理を実行中に、ユーザ入力が行われたときは、それまでのバックアップ処理を中断して、ステップS2へ戻り、次に処理が実行可能となるまで待機する。 [0041] Incidentally, during the backup process shown in FIG. 4, when the user input is made, to interrupt the backup process so far, the process returns to step S2, then the processing can be executed until the wait. また、ステップS2でバックアップ処理の実行可否を判断する際の起動タイミングは、ユーザが、例えばスクリーンセーバなど、ユーザが所定時間コンピュータに対しインストラクション入力を行わないと起動するようなシステムを利用している場合には、そのプログラムから起動タイミング情報を受け取るようにしてもよい。 Further, the activation timing in determining whether to execute the backup process at step S2, when the user, such as a screen saver, a user is using a system to boot not to perform instruction input for a given time computer the, it may receive a start timing information from the program.

【0042】第2の記憶部4の空き記憶容量が充分であると判定できたときは、ステップS5へ進み、図6に示すようなバックアップ処理のメイン処理を実行する。 [0042] When the free storage capacity of the second storage unit 4 could be determined to be sufficient, the process proceeds to step S5, executes the main process of the backup process shown in FIG. なお、図6のメイン処理は、1つのファイルに対し行う処理であり、これを第1の記憶部3に記憶されている全てのファイルについて行い(ステップS6)、バックアップ処理終了時に第2の記憶部4に最終バックアップ時刻を書き込んで処理を終了する(ステップS7)。 The main process in FIG. 6 is a process performed for one file, which is performed on all of the files stored in the first storage unit 3 (step S6), and the backup process ends when the second storage to end the writing by processing the last backup time in section 4 (step S7).

【0043】次に、図6に示すフローチャートを参照してステップS5のバックアップ処理について説明する。 Next, with reference to the flowchart shown in FIG. 6 will be described backup processing in step S5.

【0044】制御部5は、まず、第1の記憶部3に記憶されている全ファイルについて、その操作状態(「新規作成」「更新」「削除」のいずれであるかを)を検知する(ステップS21)。 The control unit 5 first for all files stored in the first storage unit 3 detects the operation state (which one "New", "update" of the "Delete") ( step S21). すなわち、第1の記憶部3に記憶されている各ファイルのファイル名および作成時間と、第2の記憶部4に記憶されている各ファイル名毎の最新のバックアップファイル情報に含まれる作成時間とを比較し、バックアップファイル情報にある作成時間以降に第1の記憶部3に記憶されたファイルがあれば当該ファイルの操作状態を「更新」と判定する。 That is, the file name and creation time for each file stored in the first storage unit 3, creation time and included in the most recent backup file information for each file name stored in the second storage unit 4 comparing, determining if there is a first of a file stored in the storage unit 3 since the creation time in the backup file information the operational state of the file "update". 第1の記憶部3には存在するが第2の記憶部4には存在しないファイル名があるとき、当該ファイルの操作状態を「新規作成」と判定する。 When it is in the first storage unit 3 exists in the second storage unit 4 is nonexistent file name, determines the operational state of the file and the "New". 第2の記憶部4には存在するが第1の記憶部3には存在しないファイル名があるときは、当該ファイルの操作状態を「削除」と判定する。 While the second storage unit 4 exists when the first storage unit 3 is nonexistent file name, it determines the operational state of the file and the "delete".

【0045】なお、第1の記憶部3には存在するが第2 [0045] Although in the first storage unit 3 is present second
の記憶部4には存在しないファイル名であり、そのファイル名がバックアップ不要ファイル情報中に指定されているときは、当該ファイルはバックアップ処理対象としない(ステップS34)。 A file name that does not exist in the storage unit 4, when the file name is specified in the backup unnecessary file information, the file is not the backup process (step S34).

【0046】第1の記憶部3に記憶されているファイルの操作状態が「削除」のときは(ステップS22)、当該ファイルのバックアップファイル情報を作成して、それを第2の記憶部4の当該ファイル名のバックアップファイル情報のリスト構造の先頭につなぐ(ステップS2 [0046] When the operation state of the first storage unit 3 are stored in the file is "delete" (step S22), and creates a backup file information of the file, it the second storage unit 4 It connects to the top of the list structure of the backup file information of the file name (step S2
3)。 3). このときのバックアップファイル情報には、「状態」という項目には「削除」が、「バックアップ時間」 The backup file information at this time, the item "state", "Delete" is, "backup time"
の項目には現在時刻が記入され、「前版ファイル」の項目には、前回までに作成されたバックアップファイルのうちの最新のバックアップファイルのパス名とファイル名とが記入され、「後版ファイル」の項目には「NUL The item the current time is entered, the item of "previous version of the file", path and file name of the most recent backup file of the backup files that have been created up to the last time and is entered, "post-version files the item of "" NUL
L」が記入される。 L "is written.

【0047】第1の記憶部3に記憶されているファイルの操作状態が「更新」のときは(ステップS24)、その第1の記憶部3に記憶されているファイルに対し、従来からある所定のウイルスチェック/データの破損チェックを行い(ステップS25)、ウイルスに感染していない、データの破損していないことが検知できたときは、当該ファイルのバックアップファイル情報を作成するとともに、バックアップファイルを作成して第2の記憶部4に記憶する(ステップS26〜ステップS2 [0047] When the first operation state of the file stored in the storage unit 3 of the "update" for files that are stored in (step S24), and the first storage unit 3 thereof, given with conventional of conduct damage check of the virus check / data (step S25), and not infected with the virus, when it is not corrupted data can be detected, as well as to create a backup file information of the file, the backup file stored in the second storage unit 4 creates (step S26~ step S2
7)。 7).

【0048】ここで、更新処理の内容を説明するために、具体例を持って示す。 [0048] Here, to describe the contents of the update processing is shown with a specific example. 今、第2の記憶部4には、あるファイルに対応する最新バックアップファイル「C: Now, in the second storage unit 4, the most recent backup file corresponding to a file "C:
¥test¥txt」があり、その1つ前のバックアップファイル「C:¥test¥txt1」と、さらにその1つ前の最新バックアップファイル「C:¥test ¥ test ¥ txt "there is, the one before the backup file" C: ¥ test ¥ txt1 "said further that one before the latest backup file" C: ¥ test
¥txt2」とが記憶されているものとする。 ¥ txt2 "and is assumed to be stored. このとき、新たにバックアップファイルを作成する際には、まず、その時点までは最新のバックアップファイルである「C:¥test¥txt」の名前を「C:¥test In this case, when you create a new backup file, first, until that time, which is the latest backup file "C: ¥ test ¥ txt" the name of the "C: ¥ test
¥txt4」に変更する。 To change to ¥ txt4 ". 次に、この「C:¥test Next, the "C: ¥ test
¥txt4」という名前に変更されたバックアップファイルのバックアップファイル情報を更新する。 ¥ txt4 "to update the backup file information of backup files that have been renamed. すなわち、当該バックアップファイル情報中の「所在」という項目には「C:¥test¥txt4」を書込み、「後版ファイル」という項目には「C:¥test¥tx That is, the item of "location" in the backup file information "C: ¥ test ¥ txt4" the writing, to the item called "post-version files" is "C: ¥ test ¥ tx
t」を書き込む(ステップS26)。 t "writes the (step S26).

【0049】次に、第1の記憶部3に記憶されている当該ファイルを第2の記憶部4の「C:¥test¥tx Next, the file stored in the first storage unit 3 of the second storage unit 4 "C: ¥ test ¥ tx
t」にコピーしてバックアップファイルを作成し、さらに、そのバックアップファイル情報を作成して当該リスト構造の先頭に追加する(ステップS27)。 Create a backup file and copy it to t ", further, to add to the top of the list structure to create the backup file information (step S27). すなわち、当該バックアップファイル情報の「所在」という項目には「C:¥test¥txt」を、「タイプ」という項目には、それまでのバックアップファイル情報と同じ「タイプ」を、「状態」という項目には「更新」を、 That is, the item of "location" of the backup file information "C: ¥ test ¥ txt" and, in the item "type", the same "type" and the backup file information up to it, the item "state" "update" is to,
「作成時間」という項目には第1の記憶部3中のオリジナルのファイルの作成時間を、「バックアップ時間」という項目には現在時刻を、「前版ファイル」という項目には「NULL」を、「後版ファイル」という項目には「C:¥test¥txt4」を、「圧縮」という項目には、それまでのバックアップファイル情報と同じ値をいれる。 The creation time of the first of the original file in the storage unit 3 in the item "creation time", the current time is in the item "backup time", the item "previous edition file" and "NULL", the item called "post-version files", "C: ¥ test ¥ txt4" and, in the item of "compression", put the same value as the backup file information up to it.

【0050】第1の記憶部3に記憶されているファイルの操作状態が「新規作成」のときは(ステップS3 [0050] When the first operation state of the file stored in the storage unit 3 of the "New" (step S3
0)、その第1の記憶部3に記憶されているファイルに対し所定のウイルスチェック/データの破損チェックを行い(ステップS31)、ウイルスに感染していない、 0), the relative first file stored in the storage unit 3 performs a failure check of a given virus check / data (step S31), not infected with a virus,
データの破損していないことが検知できたときは、当該ファイルのバックアップファイル情報を作成するとともに、バックアップファイルを作成して第2の記憶部4に記憶する(ステップS32〜ステップS33)。 When it is not corrupted data can be detected, as well as create a backup file information of the file is stored in the second storage unit 4 to make a backup file (step S32~ step S33).

【0051】ステップS25において、第1の記憶部3 [0051] In step S25, the first storage unit 3
にウイルスに感染している、あるいはデータの破損が検知されたときは、ステップS28へ進み、第1の記憶部3に存在する、残りの対象ファイルに対して、ウィルスチェックなどを行い、ユーザにその結果を提示したり、 To have a virus, or when data corruption is detected, the process proceeds to step S28, present in the first storage unit 3, the remaining target files, etc. perform virus check, the user or presenting the results,
所定の対策プログラムを起動するなどする(ステップS For example, by invoking a predetermined countermeasure program (step S
28)。 28). 以上により、バックアップシステムの動作の説明を終えるが、本実施形態のバックアップシステムは、 Thus, although end of the description of the operation of the backup system, the backup system of the present embodiment,
ユーザがコンピュータを利用していないという場合に動作するという構成とする。 User to configure that operates when that is not using a computer. この実現は、スクリーンセーバなどで実現されている技術により可能である。 This realization is possible by techniques that are realized by a screen saver. こうした構成により、ユーザがコンピュータを利用している場合に、コンピュータのリソースを使うことをしないで、 With such configuration, when the user uses the computer, do not to use the resources of the computer,
レスポンス時間の劣化停止などの効果がある。 There are effects such as deterioration stopping the response time.

【0052】次に図7に示すフローチャートを参照して、図4のステップS4の領域拡大処理について説明する。 [0052] Referring now to the flowchart shown in FIG. 7, described region growing process in step S4 in FIG. 4. この処理が起動されるのは、既に説明したように、 As This process is started, it has already been described,
第2の記憶部4の空き容量がバックアップのために利用可能な記憶領域の量より少なくなった場合であるが、どの程度の記憶領域を拡大するかについても、いくつかの選択肢が有り得る。 Although the free space of the second storage unit 4 is an occurrence of less than the amount of available storage space for backup, also either increase the extent of the storage area, several options are likely. 例えば、可能な限り多くの領域を空けるという方法もあり、また、所定の量を空けるという方法もある。 For example, there is also a method of drilling a number of regions as possible, also, there is a method that leave a predetermined amount. また、図7では、複数の方法により、順次利用可能記憶領域の拡張を計っているが、この順序についても、必ずしも固定のものでなく、ユーザに指定できるようにするという構成も可能である。 Further, in FIG. 7, a plurality of methods, although measure the expansion of the sequential available storage area, for this order is also not necessarily fixed, construction is also possible that can be designated by the user. 本実施形態では、領域確保に対して所定の目標量がある場合について説明している。 In the present embodiment describes a case where there is a predetermined target quantity to the region reserved. まず、制御部5は、第2の記憶部4の各ファイル名毎のバックアップファイル情報を検索し、 First, the control unit 5 searches the backup file information for each file name of the second storage unit 4,
最新のバックファイル情報(各リスト構造の先頭にあるバックアップファイル情報)以外のものを取り出す。 Take out anything other than the most recent back file information (backup file information at the top of each list structure). このバックアップファイル情報に対応する各バックアップファイルが領域拡大のための削除対象である。 Each backup file corresponding to the backup file information is deleted for region growing. 得られたバックアップファイルのうち、例えば、(1)プリミティブファイルの作成時間が古いファイルから優先して(2)同じファイルに複数のバックアップファイルがある場合には、その作成時間が古いものから削除する、という基準で順にデータ削除して、記憶可能領域の拡大を図る。 Among the obtained backup file, for example, if there is (1) creation time primitive file with priority from the old file (2) a plurality of backup files in the same file, its creation time is deleted from the old one , and data sequentially deleted in the reference that, promote expansion of the storage area.

【0053】例えば、あるバックアップファイルを削除する際には、まず、削除対象のバックアップファイルのバックアップファイル情報中の「後版ファイル」という項目より、そのバックアップファイルの次に新しいバックアップファイル情報を得て、そのバックアップファイル情報の「前版ファイル」という項目を「NULL」に書き替える。 [0053] For example, when you delete a backup file, first, to obtain from item called "post-version files" in the backup file information in the backup files to be deleted, the new backup file information to the next of the backup file , it rewrites the item of "the previous edition file" of the backup file information to "NULL". そして、削除対象バックアップファイルとそれに対応するバックアップファイル情報を削除する。 Then, to delete the backup file information corresponding and it deleted the backup file.
削除対象に対して、順次この削除処理を行うことにより、第2記憶部4の空き領域が増加してゆく(ステップS41)。 Relative deleted, by performing sequentially the deletion process, the free space of the second storage unit 4 is slide into increased (step S41).

【0054】次に、このようにして、増加した空き領域が所定の量に達したかを判断し(ステップS42)、達した場合には、処理を終了する。 Next, in this way, free space increased is determined whether reaches a predetermined amount (step S42), when it reaches, the process ends. そうでない場合には、 If this is not the case,
ステップS43へ進み、バックアップファイルの圧縮処理を行う。 The process proceeds to step S43, performs compression processing of the backup file.

【0055】ステップS43では、第2の記憶部4の各ファイル名毎のバックアップファイル情報を検索し、 [0055] At step S43, it searches the backup file information for each file name of the second storage unit 4,
「圧縮」という項目が「なし」のものを取り出す。 Item called "compression" is taking out of the "no". ここでは、このバックアップファイルが領域拡大のための圧縮対象である。 Here, the backup file is a compressed for region growing. 得られたバックアップファイルのうち、 Among the resulting backup file,
作成日時が古いものを優先して圧縮するという基準で順にデータを圧縮し、圧縮したバックアップファイルのバックアップファイル情報中の「圧縮」という項目は「有り」に変更する。 Creation date and time compresses the data in the order in the criterion of compression in favor of the old ones, the item "compression" in the backup file information of the compressed backup file is changed to "Yes". 圧縮対象に対して、順次この削除処理を行うことにより、第2記憶領部4の空き領域が増加してゆく(ステップS43)。 The compression target, by performing sequentially the deletion process, the free space of the second storage territory unit 4 slide into increased (step S43).

【0056】次に、このようにして、増加した空き領域が所定の量に達したかを判断し(ステップS44)、達した場合には、処理を終了する。 Next, in this way, free space increased is determined whether reaches a predetermined amount (step S44), when it reaches, the process ends. そうでない場合には、 If this is not the case,
ステップS45へ進み、第2の記憶部4の空き領域の拡大のために、所定の期日を経過しているファイルを削除する。 The process proceeds to step S45, in order to expand the free space of the second storage unit 4, to delete the file that has passed a predetermined date. この際に、図示していないが、ユーザに対して、 At this time, although not shown, the user,
削除するファイルの提示や、その可否の問い合わせを行うようにすることにより、予想外のファイルの削除を防ぐことが可能である。 Presentation and of the file to be deleted, by which to carry out an inquiry of its propriety, it is possible to prevent the deletion of unexpected file. 本実施形態においては、プリミティブファイルに関しては、削除も圧縮も行わないという構成にしてあるため、バックアップファイルの初期作成時、あるいは、ユーザにより指定されたファイル(プリミティブファイル)の第1の記憶部3における内容の保持は、保障されている。 In the present embodiment, with respect to primitive file, because you have to configure not to perform both compression removed, during the initial creation of the backup file, or the first storage unit 3 file specified by the user of (primitive file) the contents of the holding in is, are guaranteed. ステップS45におけるバックアップファイルの削除処理は、ステップS41での削除処理と同様であるため、ここでは説明を省略する。 Deletion of the backup files in step S45 is the same as the deletion process in step S41, a description thereof will be omitted. 削除対象に対して、順次この削除処理を行うことにより、第2記憶部4の空き領域が増加してゆく(ステップS4 Relative deleted, by performing sequentially the deletion process, the free space of the second storage unit 4 is slide into increased (step S4
5)。 5).

【0057】増加した空き領域が所定の量に達したかを判断し(ステップS46)、達した場合には、処理を終了する。 [0057] Increased free space is determined whether reaches a predetermined amount (step S46), when it reaches, the process ends. そうでない場合には、ステップS47へ進む。 Otherwise, the process proceeds to step S47.

【0058】ステップS47へ進む場合は、第2の記憶部4の空き容量の確保か困難になった場合に相当し、ユーザにその旨を通知する。 [0058] The operation proceeds to step S47, the equivalent if it becomes secure or difficult free space of the second storage unit 4, and notifies the user. 本実施形態では、ユーザが、 In the present embodiment, a user,
新たに第2の記憶部3としての新規記録媒体を作成することにより、さらなるバックアップ処理を可能としている。 By newly creating a new recording medium as a second storage unit 3, thereby enabling further backup process. 以下、その部分について述べる。 It will be described below that part.

【0059】ステップS47では、例えば、第2記憶部4に複数の媒体(例えば、2枚のDVD−RAM)を差し替えて利用するようになる。 [0059] At step S47, the example comprises a plurality of media to the second storage unit 4 (e.g., two DVD-RAM) so as to utilize the replacement by. このうちの1枚を主バックアップ媒体、他を副バックアップ媒体とする。 One of them the main backup medium, the other the sub-backup medium. 少なくとも、主バックアップ媒体には、プリミティブファイル、バックアップファイル情報、バックアップ制御情報とが記憶されており、それ以外のバックアップファイルそのものは、副バックアップ媒体に保存されるようになる。 At a minimum, the main backup medium, primitive file, backup file information is stored and the backup control information, the other backup files themselves will be stored in the secondary backup medium. 図7のステップS707では、バックアップファイル情報中のバックアップ時間が古いものについては、これを副バックアップ媒体に移動するという処理を行う。 In step S707 of FIG. 7, the old backup time in the backup file information, it performs processing of moving it to the sub-backup medium.
移動されたバックアップファイルについては、その対応するバックアップファイル情報の例えば「所在」という項目に、その旨の記述が為さる。 The move has been backed up files, to the item, for example, that "location" backup file information to its corresponding, Nasaru a description of that effect. そして、例えば、新たな項目として「媒体識別情報」をもうけて、そこに副バックアップ媒体の識別情報を書き込み、副バックアップ媒体にもその識別情報が記憶されて、バックアップファイルの所在が判明できるように構成してもよい。 Then, for example, by providing an "medium identification information" as a new item, there writing the identification information of the secondary backup medium, the identification information in the sub-backup media is stored, so that it can stand location of the backup file configuration may be. (バックアップデータによる第1の記憶部の更新)次に、バックアップシステム10で親コンピュータにて第2の記憶部4に作成されたバックアップデータを子コンピュータに反映させ、あるいは逆に子コンピュータにて第2の記憶部4に作成されたバックアップデータを親コンピュータに反映させる場合について説明する。 (Updating of the first storage unit by the backup data) Next, to reflect the backup data created in the second storage unit 4 at the parent computer backup system 10 to the child computer, or by reversed the child computer first the backup data created in the second storage unit 4 will be described to be reflected in the parent computer. これにより、親コンピュータと子コンピュータとの間でファイル内容に矛盾がおきないような調整を行える。 As a result, it can be performed such adjustment does not occur consistent with the file content between the parent and child computers.

【0060】図4のステップS1で、当該第2の記憶部4としての記録媒体を子コンピュータに装着して、子コンピュータのバックアップシステム10を起動すると、 [0060] In step S1 of FIG. 4, the recording medium as the second storage unit 4 mounted on the child computer, when you start a backup system 10 of the child computer,
図5に示したような第2の記憶部の設定処理が実行される。 Setting processing of the second storage unit as shown in FIG. 5 is executed. 図5のステップS14において、第2の記憶部4としての当該記録媒体に記憶されているコンピュータ識別情報と子コンピュータの識別情報とが不一致であるので、図5のステップS15へ進み、当該第2の記憶部4 In step S14 in FIG. 5, since the identification information of the second of the computer is stored in the recording medium identification information and child computer as a storage unit 4 is a mismatch, the process proceeds to step S15 in FIG. 5, the second of the storage unit 4
に保存されているファイルにより、その現在使用しているコンピュータを起動するか否かを問い合わせるメッセージを表示部1を介してディスプレイに表示する。 The files stored in and displayed on the currently displayed through the display unit 1 a message inquiring whether to start the computer you are using. この問い合わせに応じて、ユーザが当該記録媒体に記憶されているファイルによる子コンピュータの再起動を指定した場合には、ステップS16へ進み、当該記録媒体に保存されているOSを利用して子コンピュータを再起動することができる。 In response to this inquiry, if the user specifies restart of child computer by the file stored on the recording medium, the process proceeds to step S16, the child computer by using the OS stored on the recording medium it is possible to re-start the.

【0061】子コンピュータの起動後は、基本的には、 [0061] child computer after startup is, basically,
バックアップシステム10による通常の第2の記憶部4 Second storage unit by the backup system 10 of the normal 4
として当該記録媒体が利用され、ファイルの更新や削除を行うことが可能である。 As the recording medium is utilized, it is possible to update or delete files.

【0062】その際に、子コンピュータの第1の記憶部1に記憶されているファイルの作成時間がファイル変更の重要な判断基準となるため、子コンピュータの時計の時刻T1と、当該記憶媒体に記憶されている最終バックアップ時刻T2とを比較し、T2の方が進んでいる場合には、この旨を提示し、子コンピュータの時刻の調整を促す。 [0062] At this time, since the first creation time of a file stored in the storage unit 1 of the child computer is an important criterion of file changes, the time T1 of the clock child computer, in the storage medium compared with the last backup time T2, which is stored, in the case has progressed better of T2 is to present this fact, promote the adjustment of the time of the child computer. この後、種々の処理を行うことにより、当該記憶媒体に保存されている最新のファイルがアップデートされたりする(図8参照)。 Thereafter, by performing various processes, the most recent file stored in the storage medium is updated or (see FIG. 8).

【0063】次に、この記憶媒体を、再度親コンピュータの第2記憶部4としてバックアップ処理に利用する場合には、図5のステップS14において、当該記憶媒体に記憶されているコンピュータ識別情報と親コンピュータの識別情報とを照合して一致した際に、親コンピュータの第1の記憶部3のファイルを当該記録媒体に保存されている最新のバックアップファイルで更新する。 Next, the storage medium, when using the backup process as the second storage unit 4 of the parent computer again, in step S14 of FIG. 5, the computer identification information and parent stored in the storage medium when matched by matching the computer identification information, and updates the first file in the storage unit 3 of the master computer with the latest backup files stored on the recording medium.

【0064】図8は、バックアップシステム10により第2の記憶部4としての記録媒体上に作成されたバックアップデータによる、親コンピュータおよび子コンピュータにおける第1の記憶部3のファイルの更新処理動作を示したフローチャートである。 [0064] Figure 8 by the backup data created on a recording medium as a second storage unit 4 by the backup system 10, shows the updating operation of the first file in the storage unit 3 in the parent computer child computer is a flow chart was. ここでは、例えば、親コンピュータにて第2の記憶部4としての記録媒体上に作成されたバックアップデータを子コンピュータに反映する場合を例にとり説明する。 Here, for example, it will be described taking as an example a case that reflects the backup data created on a recording medium as a second storage unit 4 at the parent computer to the child computer.

【0065】まず、当該記録媒体の装着された子コンピュータでは、バックアップシステム10の制御部部5により、第1の記憶部3に記憶されている各ファイルのファイル名および作成時間と、当該記録媒体に記憶されている各ファイル名毎の最新のバックアップファイル情報に含まれる作成時間とを比較し、当該記録媒体に保存されているフィルから、第1の記憶部3に記憶されたファイルの作成時間以降に当該記録媒体に記録されたバックアップファイル(親コンピュータ(のバックアップシステム)にて更新されたファイル)、当該記録媒体には存在するが第1の記憶部3には存在しないファイル(親コンピュータ(のバックアップシステム)にて新規作成されたファイル)、第1の記録媒体には存在する当該記録媒体には存在しな [0065] First, the in the mounted child computer recording medium, the control unit 5 of the backup system 10, file name and creation time for each file stored in the first storage unit 3, the recording medium comparing the creation time and included in the most recent backup file information for each file name stored in, the recording from the fill stored on the medium, creation time of the file stored in the first storage unit 3 subsequent to the recording medium in the recording backup files (files updated by parent computer (backup system)), the the recording medium is present but not present in the first storage unit 3 file (parent computer ( newly created file) in the backup system), the Do is on the recording medium in the first recording medium present there ファイル(子コンピュータにて削除されたファイル)を更新対象ファイルとして収集し、表示部1を介してディスプレイに呈示するとともに、これらファイルを子コンピュータの第1の記憶部3に反映させるか否かをユーザに尋ねるメッセージを表示する(ステップS51〜ステップS52)。 Collect files (files deleted by the child computer) as an update target file, as well as presented on the display through the display unit 1, whether to reflect these files in the first storage unit 3 of the child computer It displays a message asking the user (step S51~ step S52).

【0066】その際、この収集された更新対象のファイルのうち、バックアップ制御情報中に復元指定ファイル情報として、ファイル名が指定されているファイルのみを更新対象ファイルとしてユーザに呈示してもよい。 [0066] At that time, one of the collection has been updated in the file, as the restoration specify file information in the backup control information, it may be presented to the user only the file whose name is specified as an update target file.

【0067】この問い合わせに対し、ユーザが「反映しない」旨の指示入力を行った場合は、更新処理を終了する。 [0067] For this inquiry, if you make the user "does not reflect" effect of the instruction input, to end the update process. 一方、ユーザが「反映する」旨の指示入力を行った場合には、ステップS53へ進み、第2の記憶部4としての記録媒体から収集された更新対象ファイルを子コンピュータの第1の記憶部3に上書きする(ステップS5 On the other hand, the user "reflected" when the conducted instruction input effect, the process proceeds to step S53, the first memory portion of the second the collected update target file from the recording medium as a storage unit 4 the child computer to overwrite to 3 (step S5
3)。 3). (表示インタフェース)図9は、バックアップシステム10による画面表示例を示したもので、制御部5が第2 (Display Interface) 9, it shows a screen display example by the backup system 10, the control unit 5 second
の記憶部4から読み出したバックアップファイル情報等を基に、表示部1の制御のもとディスプレイ上に表示される第2の記憶部4に記憶されたバックアップデータの表示ウインドウである。 Based on the backup file information, etc. read from the storage unit 4 of a display window of the backup data stored in the second storage unit 4 to be displayed on the original display of the control of the display unit 1.

【0068】図9に示すように、表示ウインドウの上端にはメニューバー1001が設けられ、ここには、例えば、当該表示ウインドウの表示機能が一覧表示されてる。 [0068] As shown in FIG. 9, the menu bar 1001 is provided to the upper end of the display window, here, for example, the display function of the display window are displayed in a list.

【0069】例えば、メニューバー1001から「履歴」というメニューボタン1003がマウスにてクリックされて選択されると、図9に示すようなバックアップファイルの履歴が表示される。 [0069] For example, when it is selected from the menu bar 1001 menu button 1003 that "history" is clicked with the mouse, the history of the backup file as shown in FIG. 9 is displayed.

【0070】表示領域1010には、第2の記録媒体4 [0070] in the display area 1010, the second recording medium 4
に記憶されたバックアップのディレクトリの構成(ディレクトリツリー)がディレクトリのアイコンで表示されている。 Configuration of the storage backup directory (directory tree) is displayed in the directory icon. その際、複数のバックアップディレクトリがあれば、その全てのアイコンがが時系列に並べて表示される。 At that time, if there are multiple backup directory, all of its icon is displayed side-by-side in a time series. なお、ディレクトリのアイコン1014は点線で表示されて、他のディレクトリのアイコンとは区別して表示されている。 Incidentally, the directory icon 1014 is displayed by a dotted line, they are displayed separately from the icon other directories. これは、第1の記憶部3では当該ディレクトリは削除されていて、第2の記憶部4にバックアップディレクトリとしてのみ存在していることを示している。 This indicates that it is present only the directory in the first storage section 3 has been deleted, as the backup directory in the second storage unit 4.

【0071】表示領域1004には、表示領域1010 [0071] in the display area 1004, the display area 1010
に表示されたディレクトリのアイコン(1011〜10 Display directory on the icon (1011-10
14)のうちユーザにより選択された特定のディレクトリの下のバックアップファイルが一覧表示される。 Backup files under a particular directory that has been selected by the user out of 14) are displayed in a list. 例えば、アイコン1012が選択されたとき、表示領域10 For example, when the icon 1012 is selected, the display area 10
04には、ファイルA、ファイルB、ファイルCという3つのファイルがファイルを表すアイコンにて表示されている。 The 04, file A, file B, 3 single file that file C is displayed by an icon representing the file. ファイルのアイコン表示としては、例えば、現状のシステムによく見られるように、ファイルのタイプに応じて特定のアイコンが表示されてもよい。 The icon display of the file, for example, as is often the current system, may be displayed particular icon depending on the type of file.

【0072】ファイルAに対しては、時系列にリンク付けされた他のバックアップファイルが存在しないので、 [0072] For the file A, because when the link to the series with have been other backup file does not exist,
最新のバックアップファイルのアイコン1005のみが表示されている。 Only icon 1005 of the most recent backup file is displayed. ファイルBに対しては、時系列にリンク付けされた3つのバックアップファイルが存在するので、最新のバックアップファイル1006aを先頭にして合計3つのバックアップファイルのアイコン1006 For the file B, since the time series to link with are three backup file exists, the latest backup file 1006a total of three of the backup file in the top icon 1006
a〜1006cが時系列に並んで表示されている。 a~1006c are displayed side-by-side in a time series. ファイルCのバックアップファイルのアイコン1007は点線で表示されて、他のバックアップファイルのアイコンとは区別して表示されている。 Backup file icon 1007 of file C is displayed by a dotted line, they are displayed separately from the icon other backup files. これは、第1の記憶部3 This is the first storage unit 3
ではファイルCは削除されていて、第2の記憶部4にバックアップファイルとしてのみ存在していることを示している。 In the file C has been deleted and indicate that they are present only in the second storage unit 4 as a backup file. 表示領域1008には、表示領域1004に表示されているファイルのもつバックアップファイルの個数が表示される。 The display area 1008, the number of backup files with the file that is displayed in the display area 1004 is displayed.

【0073】例えば、メニューバー1001から「表示」というメニューボタン1002を選択すると、図1 [0073] For example, if you select the menu button 1002 that the "View" from the menu bar 1001, Figure 1
0に示すようなバックアップファイルの履歴を含まない(従来からある表示形式で)、第2の記憶部4に記憶されているディレクトリツリーとファイルの表示がなされる。 It does not include a backup file history shown in 0 (in display format is conventional), the display of the directory tree and the file is made stored in the second storage unit 4. すなわち、表示領域1010では、バックアップのディレクトリが複数存在する場合でも1つのアイコンにて表示される。 That is, in the display area 1010 is displayed on a single icon, even if the backup directory there are multiple. また、表示領域1004では、複数のバックアップファイルが存在する場合でも1つのアイコンにて表示される。 In the display area 1004 is displayed on a single icon even when a plurality of backup files exist. さらに、第1の記憶部3から削除されているディレクトリ、ファイルのアイコンは表示されない。 Furthermore, the directory has been removed from the first storage unit 3, the file icon is not displayed.

【0074】例えば、図9の表示ウインドウの表示領域1004に表示されている複数のバックアップファイルをもつファイルBをマウスでクリック等して選択することにより、図11に示すような表示画面となる。 [0074] For example, by selecting a file B by clicking or the like with a mouse with multiple backup files displayed in the display area 1004 of the display window shown in FIG. 9, a display screen as shown in FIG. 11.

【0075】図11において、表示領域1010には、 [0075] In FIG. 11, the display area 1010,
ファイルBのバックアップファイルがオープンしているという形式のアイコン1201が表示されている。 Backup file of file B is being displayed format of the icon 1201 that is open. 表示領域1004には、ファイルBのもつ複数のバックアップファイルのそれぞれのアイコン1202〜1204が表示される。 The display area 1004, each icon 1202 to 1204 of the plurality of backup files with the file B is displayed. アイコン1202は、最新のバックアップファイルのアイコンであり、アイコン1203はその1 Icon 1202 is an icon of the most recent backup file, icon 1203 Part 1
つ前のバックアップファイルであり、アイコン1204 One is a previous backup file, icon 1204
はさらにその1つ前のバックアップファイルである。 Is more the one before the backup file.

【0076】表示領域1205には、表示領域1004 [0076] in the display area 1205, the display area 1004
に表示された各バックアップファイルのバックアップ時間が表示されている。 It is displayed backup time of each backup file that is displayed in.

【0077】なお、図11に示した表示ウインドウ上のメニューバーには、通常のファイル管理システムにおける各種コマンド(削除、コピー)などの機能が選択できるようなメニューボタンを表示してもよい。 [0077] Incidentally, in the menu bar on the display window shown in Fig. 11, various commands (delete, copy) in the normal file management system may display a menu button, such as functions, such as can be selected.

【0078】第1の記憶部4に記憶されたバックアップデータの表示形態は、図9〜図11に示したような形態に限定するものではなく、第2の記憶部4に記憶された図3に示したようなバックアップデータ(バックアップファイル情報、バックアップ制御情報等)を基に、各種各様な表示形態が可能であることは言うまでもない。 [0078] Display mode of the backup data stored in the first storage unit 4 is not limited to the form as shown in FIGS. 9 to 11, Figure 3, which is stored in the second storage unit 4 backup data (backup file information, backup control data or the like) as shown in based on, it is needless to say all sorts display forms are possible. (第2の記憶部へのアクセス制限方式)パーソナルコンピュータにはバックアップシステム10の他にも、各種オペレーションシステムや複数のシステム(例えば、文書作成システム11、12)が稼働されて、随時、例えばハードディスク上に構成された第1の記憶部3にアクセスしている。 In addition to the backup system 10 is a personal computer (second access restriction method to the storage unit), various operating systems or multiple systems (e.g., a document creation system 11, 12) is running at any time, for example, a hard disk accessing a first storage unit 3 configured above. そこで、バックアップシステム10と第2記憶部4との間に特定の認証手段を設けることにより、バックアップシステム10以外のシステム(プロセス)あるいはウイルスからの第2の記憶部4へのアクセスを制限して、第2記憶部4のデータの破壊などを防ぐようにしている。 Therefore, by providing a specific authentication means between the backup system 10 and the second storage unit 4, and restrict access to the second storage unit 4 from the backup system 10 other than the system (process) or virus , and to prevent the destruction of data in the second storage unit 4.

【0079】図12は、このような仕組みを説明するための概念図である。 [0079] Figure 12 is a conceptual diagram for explaining such a mechanism. 図12において、本実施形態に係るバックアップシステム901には、他のバックアップシステムと自身を識別するための識別キー902が予め格納されている。 12, the backup system 901 according to this embodiment, the identification key 902 for identifying the other backup system and itself are stored in advance. 第2の記憶部4としての記録媒体905 Recording medium 905 as a second storage section 4
は、ドライブ装置等のデバイス904に装着されて、デバイス制御部903を介してパーソナルコンピュータから読み書き可能なように接続される。 It is mounted at the device 904 of the drive device or the like, and is connected so as to be read and written from the personal computer via the device controller 903. 当該記録媒体90 The recording medium 90
5をあるバックアップシステム901で、例えば初期化する際に、当該バックアップシステム901のもつ識別キー902を当該記録媒体に書き込むようにする。 The backup system 901 in the 5, for example, to initialize, the having identification key 902 of the backup system 901 to write on the recording medium. それ以降、この記録媒体905に対して、少なくとも何らかの書き込みを行う場合には、当該記録媒体905に記録された識別キー906に基づいた、アクセス制御が行われる。 Since then, with respect to the recording medium 905, if at least perform some writing, based on the identification key 906 recorded on the recording medium 905, the access control is performed. すなわち、記憶媒体905がデバイス904に装着された場合には、デバイス制御部903は、識別キーを読み、この記憶媒体が所定のプロセスに対するアクセス制御を行うべきものであることを認識し、以降のプロセスからのデバイス904への要求に対して、所定のチェックを行う。 That is, when the storage medium 905 is attached to the device 904, the device control unit 903 reads the identification key, and recognizes that the storage medium is intended to be subjected to access control for a given process, after the request to the device 904 from the process, performs a predetermined check.

【0080】例えば、あるプロセスPがデバイス904 [0080] For example, a process P a device 904
に対して書き込み命令を出した場合は、デバイス制御部903は、プロセスPに対して識別キーを要求し、プロセスPが所定のデータをデバイス制御部903に送り、 If issuing the write command to the device control section 903 requests the identification key to the process P, the process P sends a predetermined data to the device control unit 903,
デバイス制御部903がこのデータと識別キー906とのマッチングを行い、このマッチングに成功した場合にのみ、記録媒体905へデータの書込を行うという手続きを経ることにより、所定のプロセスからの書き込みのみを許すという構成が可能となる。 Device control unit 903 performs the matching of the identification key 906 and this data, only in case of successful this matching, by going through the procedures of writing data to the recording medium 905, only the writing from a predetermined process configuration that allows it is possible.

【0081】なお、バックアップシステム901から記録媒体905に書き込まれる識別キーは、暗号化されていれば、より記憶媒体保護の安全性が高まる。 [0081] Note that the identification key to be written to the recording medium 905 from the backup system 901, if it is encrypted, security is enhanced more storage media protection. この場合には、暗号の解読には、デバイス制御部903とそれと通信を行う処理系の間で暗号キーのやり取りが行われる。 In this case, the decryption of the cipher, the exchange of the encryption key is performed between the processing system communicates with it with the device control unit 903. この部分については、例えば、DVDプレーヤなどで採用されている暗号カギ管理方式等、既存の方式を適用すれば良い。 For this portion, for example, such as cipher key management method adopted in a DVD player, it may be applied to existing systems.

【0082】図12は、デバイス制御部903は、デバイス904の内部に置くという構成を示したが、デバイス904の中でなく、例えば、ソフトウェアのドライバなどとして、デバイス904の外部に置くという構成も可能である。 [0082] Figure 12, the device control unit 903, a configuration has been shown that placing the interior of the device 904, not in the device 904, for example, as such a software driver, also configured to place the external device 904 possible it is.

【0083】図13は、第2の記憶部4へのアクセス制限方式の他の例を概念的に示したものである。 [0083] Figure 13 conceptually shows another example of the access restriction system to the second storage unit 4.

【0084】図13において、第2の記憶部4としての記録媒体1305が装着されるドライブ装置等のデバイス1304には、予め当該デバイス1304を他のデバイスから自身を識別するための識別キー1303を格納している。 [0084] In FIG. 13, the second storage unit 4 device 1304 of the drive device such that the recording medium 1305 is mounted as an identification key 1303 to identify itself to advance the device 1304 from other devices It is stored. 記録媒体1305は、デバイス1304に装着されて、デバイス制御部1302を介してパーソナルコンピュータから読み書き可能なように接続される。 Recording medium 1305 is attached to the device 1304 are connected so as to be read and written from the personal computer via the device controller 1302.

【0085】当該記録媒体1305をあるバックアップシステム1301で、例えば初期化する際に、デバイス制御部1302は、識別キー1303を記録媒体105 [0085] The recording medium 1305 backup system 1301 in a, when for example the initialization, the device control unit 1302, a recording medium identification key 1303 105
に書き込む。 Write to.

【0086】他のデバイスにこの記憶媒体1305を装着した場合には、そのデバイスのデバイス制御部が、記録媒体1305から識別キー1305を読み取って、自分の識別キーと照合することにより、デバイスレベルで特定の機器に制限することが可能である。 [0086] When equipped with the storage medium 1305 to other devices, the device control section of the device reads the identification key 1305 from the recording medium 1305, by matching with their identification key, at the device level It can be limited to a particular device.

【0087】この構成においては、識別キー1303をデバイス1304に固有のものとしたが、それ以外にも、OSなどのソフトからキーを取り、特定のOSの下でのみ実行可能という構成も構築可能である。 [0087] In this configuration, although the identification key 1303 that the device 1304 of the unique, besides that, taking the key from software such as OS, also constructed structure that can be executed only under specific OS it is. また、この場合には、複数のOSであるが、限られたものだけで実行可能なように、識別キーを複数個設定可能なようにする構成も考えられる。 Further, in this case, is a plurality of OS, so that it can run only on those limited configurations are contemplated that allow a plurality sets the identifying key. この場合には、例えば、オフィスと家庭と携帯の3つのコンピュータでのみデータの利用が可能であり、その他のコンピュータでは利用可能でなくなるというような、利用の仕方が可能であり、データの守秘の向上が図られる。 In this case, for example, use of the data only in the office and home and mobile of the three computers are possible, such as that is no longer available on other computers, are possible ways of use, data confidentiality improvement is achieved.

【0088】さらに、バックアップシステムからパスワードを設定し、その関連情報を記憶媒体に入れておき、 [0088] In addition, set the password from a backup system, previously put its associated information in a storage medium,
このパスワードがないとコンピュータの起動やデータの参照が行えないなどの構成も可能であり、データ保護を強化することができる。 This configuration, such as passwords can not be performed reference of computer starts and data that there is also possible, it is possible to enhance data protection. (その他の実施形態)上記実施形態において、バックアップ制御情報中のコンピュータの識別情報には、親コンピュータを限定するための識別情報を適用した場合を例にとり説明したが、この場合に限らず、例えば、1または複数の子コンピュータの識別情報をさらに加えて、これら指定された親・子コンピュータ間における限定された使用環境を設定することもできる。 In Other Embodiments In the above embodiment, the identification information of the computer during the backup control information has been described taking the case of applying the identification information for limiting the parent computer as an example, not limited to this case, for example, , further added the identity of one or more child computer, may be set using environment that is limited between these specified parent-child computer. すなわち、このようなバックアップ制御情報を用いることにより、例えば、図5のステップS15で当該記録媒体に保存されているファイルにより、その現在使用しているコンピュータを起動するか否かを問い合わせるメッセージを表示するのは、当該指定された子コンピュータのみに限定することもできる。 That is, by using such a backup control information, for example, by a file stored on the recording medium at step S15 of FIG. 5, displays a message inquiring whether to start the computer that is the currently used to the can also be limited to the specified child computer.

【0089】また、上記実施形態では、親コンピュータの第1の記憶部1に記憶されたファイル環境をそのままバックアップする場合を例にとり説明したが、この場合に限らず、バックアップ制御情報中のバックアップ指定ファイル情報を追加し、バックアップをとるファイルを指定するようにしてもよい。 [0089] In the above embodiment has been described taking the case where it is backed up first stored files environment in the storage unit 1 of the parent computer as an example, not limited to this case, backup designated in the backup control information Add the file information, it is also possible to specify the files to be backed up. また、このバックアップ指定ファイル情報により、親コンピュータに限らず、子コンピュータにおいても、バックアップをとるファイルを指定するようにしてもよい。 Moreover, this backup designated file information is not limited to the parent computer, even in the child computer, may be designated a file to be backed up. バックアップを取るか否かの判断は、例えば、図6のステップS21で第1の記憶部3に記憶されたファイルの操作状態を検知する際に、 Whether back up judgment, for example, in detecting the operation state of the first file stored in the storage unit 3 in step S21 in FIG. 6,
バックアップ指定ファイル情報にて指定されたファイルのみを処理対象とすればよい。 It may be only a process target specified file in the backup designated file information.

【0090】以上、本発明にかかるバックアップシステムの一実施形態について説明してきた。 [0090] The foregoing has described an embodiment of such a backup system in the present invention. 本発明は上記の実施形態に限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で種々変形して実施することができる。 The present invention is not limited to the above embodiments may be modified in various ways without departing from the scope of the present invention.

【0091】 [0091]

【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、個人が使用するコンピュータの保存データのバックアップコピーを常時行い、ユーザの操作ミス等によるデータの損失があってもデータの復元を可能にする。 According to the present invention as described in the foregoing, performs a backup copy of the stored data of the computer that individuals always used, data restoration can be even loss of data due to misoperation of the user such as to.

【0092】また、例えば、オフィスのコンピュータの環境を、そのまま、家庭のコンピュータで再現できる等、複数のコンピュータ環境の統一化が図れ、安全で効率的なコンピュータの利用環境を提供できる。 [0092] Also, for example, the environment of the office of the computer, as it is, or the like can be reproduced in the home computer, Hakare the unification of multiple computer environment, it is possible to provide an environment of use for safe and efficient computer.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施形態に係る情報記憶装置の構成を概略的に示した図。 Diagram schematically illustrating a configuration of an information storage device according to an embodiment of the present invention; FIG.

【図2】本実施形態に係るバックアップシステムの動作概要を説明するための図。 Diagram for explaining the outline of the operation of the backup system in accordance with Figure 2 embodiment.

【図3】第2の記憶部に記憶されるバックアップデータの一例を示した図。 FIG. 3 is a diagram showing an example of a backup data stored in the second storage unit.

【図4】バックアップシステムの処理動作を説明するためのフローチャート。 Figure 4 is a flowchart for illustrating the processing operation of the backup system.

【図5】図4の第2記憶部の設定処理動作を説明するためのすフローチャート。 [5] to the flow chart for explaining a setting process operation of the second storage unit of FIG.

【図6】図4のバックアップ処理動作を説明するためのフローチャート。 Figure 6 is a flowchart for illustrating a backup process operation of FIG.

【図7】図4の領域拡大処理動作を説明するためのフローチャート。 FIG. 7 is a flowchart for explaining a region enlargement processing operation in FIG.

【図8】第2の記憶部による第1の記憶部の更新処理動作について説明するためのフローチャート。 FIG. 8 is a flowchart for explaining update processing operation of the first storage unit by the second storage unit.

【図9】バックアップシステムによる画面表示例を示したもので、バックアップファイルの履歴を表示する形態の表示ウインドウの一例を示した図。 [9] shows a screen display example by the backup system, diagram showing an example of a display window in the form of displaying the history of the backup file.

【図10】バックアップシステムによる画面表示例を示したもので、バックアップファイルの履歴を表示しない形態の表示ウインドウの一例を示した図。 [Figure 10] shows a screen display example by the backup system, diagram showing an example of a display window in the form that does not display the history of the backup file.

【図11】バックアップシステムによる画面表示例を示したもので、ある1つのファイルを指定してそのバックアップファイルをより詳細に表示する形態の表示ウインドウの一例を示した図。 [Figure 11] shows a screen display example by the backup system, diagram showing an example of a display window in the form of displaying the backup file with a certain one file in more detail.

【図12】第2の記憶部としての記録媒体へのアクセス制限方式を説明するための概念図。 Figure 12 is a conceptual diagram for explaining an access restriction method for a recording medium as a second storage unit.

【図13】第2の記憶部としての記録媒体への他のアクセス制限方式を説明するための概念図。 [13] a conceptual diagram for explaining another access restriction method to the recording medium as the second storage unit.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…表示部 2…入力部 3…第1の記憶部 4…第2の記憶部 5…制御部 10…バックアップシステム 1 ... Display section 2 ... input unit 3: first storage portion 4: second storage unit 5 ... controller 10 ... Backup System

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 大盛 善啓 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 (72)発明者 辻本 修一 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 Fターム(参考) 5B018 GA04 HA04 MA12 QA01 5B082 CA14 CA17 DE07 EA01 EA07 FA11 GA01 GA14 GA18 GC05 JA12 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor large Yoshihiro Mori Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukaitoshiba-cho, address 1 Co., Ltd. Toshiba research and development in the Center (72) invention's Shuichi Tsujimoto Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukai Toshiba town address 1 Co., Ltd., Toshiba research and development Center in the F-term (reference) 5B018 GA04 HA04 MA12 QA01 5B082 CA14 CA17 DE07 EA01 EA07 FA11 GA01 GA14 GA18 GC05 JA12

Claims (11)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 保存された情報ファイルの操作状態を検知して、その検知された操作状態に基づき該操作状態の検知された情報ファイルを記憶手段に時系列に記憶することを特徴とする情報記憶方法。 1. A detects the operation state of the stored information files, information and to store the time series sensed information file of the operation state based on the detected operating conditions in the memory means storing method.
  2. 【請求項2】 前記記憶手段は可搬型の記録媒体であり、該記憶手段に記憶された情報ファイルに基づき前記保存された情報ファイルを更新することを特徴とする請求項1記載の情報記憶方法。 Wherein said storage means is a portable recording medium, the information storage method of claim 1, wherein updating the stored information file based on the information stored file in the storage means .
  3. 【請求項3】 前記記憶手段に前記情報ファイルを記憶する際、記憶容量が不足するときは、該記憶手段に記憶されている情報ファイルの作成時間に基づき該記憶手段に記憶されている情報ファイルのうち少なくとも1つを選択して削除することを特徴とする請求項1記載の情報記憶方法。 Wherein in storing the information file in the storage means, when the storage capacity is insufficient, information file stored in the storage means based on the creation time information file stored in the storage means information storing method according to claim 1, wherein the selecting and deleting the at least one of.
  4. 【請求項4】 前記記憶手段に前記情報ファイルを記憶する際、記憶容量が不足するときは、該記憶手段に記憶されている情報ファイルの作成時間に基づき該記憶手段に記憶されている情報ファイルのうち少なくとも1つを選択して圧縮することを特徴とする請求項1記載の情報記憶方法。 4. When storing the information file in the storage means, when the storage capacity is insufficient, information file stored in the storage means based on the creation time information file stored in the storage means information storing method according to claim 1, wherein the compression select at least one of.
  5. 【請求項5】 前記記憶手段には、該記憶手段に記憶する情報ファイルを制限するための制御情報が記憶されていることを特徴とする請求項1記載の情報記憶方法。 The method according to claim 5, wherein said storage means, information storage method of claim 1, wherein the control information for restricting the information file stored in the storage means is stored.
  6. 【請求項6】 保存された情報ファイルを、その操作状態に基づき記憶する記憶手段と、 前記保存された情報ファイルの操作状態を検知する検知手段と、 この検知手段で操作状態の検知された情報ファイルを時系列に前記記憶手段に記憶することを特徴とする情報記憶装置。 6. A stored information file, information that a storage means for storing based on the operation state, a detection means for detecting the operational state of the stored information file, sensed operating conditions at the detection means information storage device and to store in the memory means in time series file.
  7. 【請求項7】 前記記憶手段は可搬型の記録媒体であり、該記憶手段に記憶された情報ファイルに基づき前記保存された情報ファイルを更新する更新手段をさらに具備したことを特徴とする請求項6記載の情報記憶装置。 Wherein said storage means is a portable recording medium, claims, characterized in that further comprising updating means for updating the stored information file based on the information stored file in the storage means 6, wherein the information storage device.
  8. 【請求項8】 前記記憶手段に前記情報ファイルを記憶する際、記憶容量が不足するときは、該記憶手段に記憶されている情報ファイルの作成時間に基づき該記憶手段に記憶されている情報ファイルのうち少なくとも1つを選択して削除することを特徴とする請求項6記載の情報記憶装置。 When storing wherein said information file in the storage means, when the storage capacity is insufficient, information file stored in the storage means based on the creation time information file stored in the storage means information storage device according to claim 6, wherein the selectively remove at least one of.
  9. 【請求項9】 前記記憶手段に前記情報ファイルを記憶する際、記憶容量が不足するときは、該記憶手段に記憶されている情報ファイルの作成時間に基づき該記憶手段に記憶されている情報ファイルのうち少なくとも1つを選択して圧縮することを特徴とする請求項6記載の情報記憶装置。 9. When storing the information file in the storage means, when the storage capacity is insufficient, information file stored in the storage means based on the creation time information file stored in the storage means information storage device according to claim 6, wherein the compression select at least one of.
  10. 【請求項10】 前記記憶手段には、該記憶手段に記憶する情報ファイルを制限するための制御情報が記憶されていることを特徴とする請求項6記載の情報記憶装置。 Wherein said the storage unit, the information storage device according to claim 6, wherein the control information for restricting the information file stored in the storage means is stored.
  11. 【請求項11】 保存された情報ファイルの操作状態を検知させる検知手段と、 この検知手段で検知された操作状態に基づき該操作状態の検知された情報ファイルを時系列に記憶させる記憶手段と、 を実行するプログラムを記録した機械読み取り可能な記録媒体。 A detection unit 11. thereby detecting an operation state of the stored information files, a storage means for storing in time series detection information file of the operation state based on the detected operating condition at the detection means, machine-readable recording medium recording a program for executing.
JP19952298A 1998-06-30 1998-06-30 Information storing method, information storage device and recording medium Pending JP2000020367A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19952298A JP2000020367A (en) 1998-06-30 1998-06-30 Information storing method, information storage device and recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19952298A JP2000020367A (en) 1998-06-30 1998-06-30 Information storing method, information storage device and recording medium

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000020367A true true JP2000020367A (en) 2000-01-21

Family

ID=16409235

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19952298A Pending JP2000020367A (en) 1998-06-30 1998-06-30 Information storing method, information storage device and recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000020367A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002116938A (en) * 2000-10-11 2002-04-19 Id Gate Co Ltd File backup method provided with generation management function
WO2004095277A1 (en) * 2003-04-24 2004-11-04 Fujitsu Limited File control method, program and device
JP2007272881A (en) * 2006-03-31 2007-10-18 Lenovo Singapore Pte Ltd Method and device for reclaiming space in memory, and computer program
US7293147B2 (en) 2001-01-25 2007-11-06 Hitachi, Ltd. Storage system controlling exclusion/priority for I/O access
US7603618B2 (en) 2004-04-16 2009-10-13 Canon Kabushiki Kaisha Document processing apparatus, control method therefor, and computer program
US7694087B2 (en) 2004-01-23 2010-04-06 Nec Corporation Duplicate data storing system, duplicate data storing method, and duplicate data storing program for storage device
JP2012073907A (en) * 2010-09-29 2012-04-12 Canon Inc Information processing apparatus, control method of information processing apparatus, and, program
JP2015060385A (en) * 2013-09-18 2015-03-30 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation Icon display of file history having been recorded in storage as postscript data

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002116938A (en) * 2000-10-11 2002-04-19 Id Gate Co Ltd File backup method provided with generation management function
US7293147B2 (en) 2001-01-25 2007-11-06 Hitachi, Ltd. Storage system controlling exclusion/priority for I/O access
WO2004095277A1 (en) * 2003-04-24 2004-11-04 Fujitsu Limited File control method, program and device
US7694087B2 (en) 2004-01-23 2010-04-06 Nec Corporation Duplicate data storing system, duplicate data storing method, and duplicate data storing program for storage device
US7603618B2 (en) 2004-04-16 2009-10-13 Canon Kabushiki Kaisha Document processing apparatus, control method therefor, and computer program
JP2007272881A (en) * 2006-03-31 2007-10-18 Lenovo Singapore Pte Ltd Method and device for reclaiming space in memory, and computer program
JP2012073907A (en) * 2010-09-29 2012-04-12 Canon Inc Information processing apparatus, control method of information processing apparatus, and, program
JP2015060385A (en) * 2013-09-18 2015-03-30 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation Icon display of file history having been recorded in storage as postscript data

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6167494A (en) Method and system for recovering from operating system failure
US6341341B1 (en) System and method for disk control with snapshot feature including read-write snapshot half
US5960460A (en) Non-intrusive replication of hard disk
US6728711B2 (en) Automatic backup/recovery process
US5887163A (en) Method and apparatus for providing dual booting capabilities to a computer system
US6826666B2 (en) Method and system for transporting data content on a storage area network
US6473655B1 (en) Data processing system and method for creating a virtual partition within an existing partition in a hard disk drive
US6205558B1 (en) Recovery of file systems after modification failure
US6993649B2 (en) Method of altering a computer operating system to boot and run from protected media
US20040107199A1 (en) Computer application backup method and system
US6615365B1 (en) Storing a computer disk image within an imaged partition
US20110218966A1 (en) Systems, methods, and computer-readable media for backup and restoration of computer information
US20060155944A1 (en) System and method for data migration and shredding
US6701456B1 (en) Computer system and method for maintaining an audit record for data restoration
US6820214B1 (en) Automated system recovery via backup and restoration of system state
US20100088699A1 (en) Virtual machine operation system, virtual machine operation method and program
US20050076263A1 (en) Data I/O system using a plurality of mirror volumes
US6460054B1 (en) System and method for data storage archive bit update after snapshot backup
US7363540B2 (en) Transaction-safe FAT file system improvements
US6405265B1 (en) Device driver for accessing computer files
US6851073B1 (en) Extensible system recovery architecture
US20070150651A1 (en) Method for dynamically exposing backup and restore volumes
US7174420B2 (en) Transaction-safe FAT file system
US6658563B1 (en) Virtual floppy diskette image within a primary partition in a hard disk drive and method for booting system with virtual diskette
US7305577B2 (en) Data isolation system and method