JP2000019540A - 液晶表示装置 - Google Patents

液晶表示装置

Info

Publication number
JP2000019540A
JP2000019540A JP10186381A JP18638198A JP2000019540A JP 2000019540 A JP2000019540 A JP 2000019540A JP 10186381 A JP10186381 A JP 10186381A JP 18638198 A JP18638198 A JP 18638198A JP 2000019540 A JP2000019540 A JP 2000019540A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid crystal
seal
crystal display
display
sealant
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP10186381A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroyuki Ueda
博之 上田
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd, 三洋電機株式会社 filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP10186381A priority Critical patent/JP2000019540A/ja
Publication of JP2000019540A publication Critical patent/JP2000019540A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 液晶表示装置の表示不良を簡単な構成及び作
業で解消すること。 【解決手段】 液晶表示装置1は、環状のシール部材4
を挟んで対峙する基板2,3間に液晶6を封入してい
る。シール部材4は、液晶6と接する側に位置し且つ液
晶6封入時に硬化状態にあるポリイミド製内側シール4
aとこの内側シール4aを囲むように位置し、且つ内側
シール4aよりも接着強度が高いUV樹脂製外側シール
4bとで構成される。この場合、内側シール4aは液晶
6の封入時に硬化状態にあるので、シールが液晶6と混
ざり合うことはない。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、液晶表示装置に関
する。
【0002】
【従来の技術】現在一般的に用いられている液晶表示装
置は、電極を有する2枚のガラス基板間に液晶を封入す
る事により構成されている。このような液晶表示装置を
製造するには、まず、図4に示す通り、表示部51を有
する一方のガラス基板52に、表示部51を囲むように
接着性シール53を形成し、接着性シール53に液晶注
入口54を開口した状態で、他方のガラス基板(図示し
ない)を貼り合わせる。
【0003】そして、張り合わせた基板を真空中で脱気
し、液晶注入口54を液晶組成物に浸し、大気圧に戻す
ことにより、基板間に液晶を封入する。液晶が封入され
た後、液晶注入口54に紫外線硬化型の封止剤55を塗
布し、液晶の封入を完了する。このような液晶表示装置
にあっては、封止剤が硬化する前に、液晶組成物と封止
剤55とが混ざり合うことに起因して、液晶表示装置を
駆動させた時に、その混ざり合った部分の表示が他の表
示部と異なった表示状態になる不良が生じる問題があ
る。
【0004】このような問題を解決する技術として、特
開平5−265012号公報には、接着性シールに液晶
注入口を開口せず、2枚の基板を貼り合わせる前に一方
の基板に液晶を一定量載せ、その後他方の基板を真空中
で張り合わせる技術が記載されている。更に、この特開
平5−265012号公報では、接着性シールと液晶と
が混ざり合わないように、接着性シールとして紫外線硬
化型シール剤を用い、液晶とシール剤とが接触する前
に、接触部分(シールの内側)のみに紫外線を照射して
被膜を形成している。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来例にあっては、シ
ールの内側全周にわたって被膜を形成するために、シー
ルを基板に対し精度良く形成し、且つ紫外線照射マスク
の位置合わせを精密に行う必要があり、製造プロセスが
煩雑化する問題がある。本発明は、液晶表示装置に関
し、斯かる問題点を解消するものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】請求項1の液晶表示装置
は、環状のシール部材を挟んで対峙する一対の基板間に
液晶を封入したものであって、前記シール部材は、前記
液晶と接する側に位置し且つ液晶封入時に硬化状態にあ
る内側シールとこの内側シールを囲むように位置し、且
つ内側シールよりも接着強度の高い外側シールとで構成
されることをその要旨とする。
【0007】この場合、内側シールは液晶封入時に硬化
状態にあるので、シールが液晶と混ざり合うことはな
く、外側シールにより良好なシール性能を得る。また、
この場合、内側シールがポリイミドからなることが望ま
しい。こうすることにより、形成が容易であると共に機
械的な強度も高まる。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明を具体化した実施形態を図
面に基づいて説明する。図1は本実施形態におけるアク
ティブマトリクス型液晶表示装置の断面図である。同図
において、液晶表示装置1は、一対の透明ガラス基板
2,3を、シール部材4及びスペーサ5・・を介して貼
り合わせ、各第1の基板2,3の間にネマティック液晶
6を封入することにより構成されている。スペーサ5・
・は、基板2,3間の微小間隙(約4μm)を一定距離
に保つためのもので、非表示領域7にのみ選択的に配置
されている。
【0009】一方の基板2(以下、第1の基板)上に
は、遮光用の第1のブラックマトリクス8(Cr製、厚
さ1000Å)がマトリクス状にパターン形成され、こ
の第1のブラックマトリクス8により、第1の基板2が
非表示領域7(ブラックマトリクス8が存在し光を透過
させないところ)と表示領域9(ブラックマトリクス8
が存在しないところ)とに区画される。
【0010】表示領域9の上には、第1の透明電極10
(ITO製、厚さ1000Å)がマトリクス状に形成さ
れている。第1の透明電極10は、マトリクス状に配置
された図示しない薄膜トランジスタ(TFT)に接続さ
れ、このTFTを介して第1の透明電極10への印加電
圧が制御される。第1の透明電極10の上には液晶分子
を所定方向に配向させるための第1の配向膜11(ポリ
イミド製、厚さ500Å)が形成されている。
【0011】他方の基板3上には、第1のブラックマト
リクス8に対応する位置に、第2のブラックマトリクス
12(Cr製、厚さ1000Å)がマトリクス状にパタ
ーン形成され、その上には、第1の透明電極10の対向
電極としての第2の透明電極13(ITO製、厚さ10
00Å)が形成されている。第2の透明電極13の上に
は第2の配向膜14(ポリイミド製、厚さ500Å)が
形成されている。
【0012】シール部材4は、液晶6の注入口を備えて
おらず、環状の内側シール4aとこの内側シール4aを
取り囲む環状の外側シール4bとで構成される。内側シ
ール4aはポリイミドからなり、外側シール4bは紫外
線硬化型のUV樹脂からなる。図示しないが、外側シー
ル4bは、スペーサ5と同様に、基板2,3間の間隔を
保持するためのスペーサを含んでいる。
【0013】以上のような液晶表示装置1の製造過程に
おいて、基板2,3間に液晶6を封入するには、まず、
第1の基板2又は第2の基板3(本実施形態では第1の
基板2)に、感光性ポリイミドを1500rpmでスピン
コートし、温度:80℃で1分間のプリベークを施す。
更に、露光・現像技術を用いて、第1の配向膜11を取
り囲むように、幅100μmで環状のポリイミドを残
し、残ったポリイミドを温度:180℃で30分間ベー
クするにより更に硬化させ、図2に示す通り内側シール
4aを形成する。
【0014】次に、内側シール4a内に選択的にスペー
サ5・・を散布した後、図3に示す通り、内側シール4
aに近接して、内側シール4aを取り囲むように紫外線
硬化型のUV樹脂を塗布することにより、外側シール4
bを形成する。この外側シール4bは、内側シール4a
よりも接着強度が高い。この状態で、内側シール4a内
(基板の中央部)に、液晶6を適量(基板間に液晶6が
充填される量)だけ滴下し、基板2,3を真空層に入れ
て減圧し、真空度を約10-3Torrにした後、両基板
を張り合わせる。この時、液晶6は内側シール4aによ
って外側シール4bから隔離されているため、硬化前で
ある外側シール4bと液晶6とが混ざり合うことはな
い。
【0015】最後に、外側シール4bに対し、UV光
(紫外線)を照射し、外側シール4b(UV樹脂)を硬
化させる。以上の通り本実施形態にあっては、液晶6と
シール部材とが混ざり合う心配がないので、液晶劣化に
伴う表示不良の発生を防止することができる。特に、内
側シール4aをポリイミドを用いて形成しているため、
所望の位置に所望の形に容易に形成することができ、し
かも硬化したポリイミドは機械的強度が高いため、液晶
表示装置1として外圧に対し十分に抗することができ
る。
【0016】尚、上記した特開平5−265012号公
報には、本実施形態と同様の2重シール構造で、内側シ
ールとしてラジカル重合型のシール材を、外側シールと
してカチオン重合型のシール材を用い、両シールに紫外
線を照射して、両シールを同時に硬化させる技術も示さ
れている。しかしながら、この技術では、内側シールが
硬化する前に液晶と接触するため、液晶と内側シール材
とが混ざり合うことを防止することはできない。尚、同
公報には、ラジカル重合型シール材は液晶に悪影響を与
えないと記載されているが、混ざり合う以上何らかの悪
影響があることは否めず、仮に液晶自身に悪影響が無い
としても、例えば、液晶に混入した不純物(シール材)
が上下の基板の表面に形成されている配向膜に吸着され
て、配向不良の原因となり、表示品位が低下する危惧が
ある。
【0017】一方、本実施形態にあっては、内側シール
4aが硬化してから液晶6と接触するので、このような
問題は生じ得ない。上記実施形態は以下のように変更し
てもよく、その場合でも同様の作用および効果を得るこ
とができる。 (1)内側シール4aとしてのポリイミドに代えて、ポ
リビニールアセテート、環化ゴム系樹脂、ノボラック系
樹脂等を用いても良い。
【0018】(2)外側シール4bとしてのUV樹脂に
代えて、アクリル系のUV硬化型樹脂、エポキシ系の熱
硬化型樹脂等を用いても良い。 (3)単純マトリクス型の液晶表示装置に適用する。
【0019】
【発明の効果】本発明にあっては、液晶表示装置の表示
不良を簡単な構成及び作業で解消することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施形態における液晶表示装置の断面
図である。
【図2】本発明の実施形態におけるシール部材形成過程
を示す平面図である。
【図3】本発明の実施形態におけるシール部材形成過程
を示す平面図である。
【図4】従来例における液晶表示装置の片側基板の平面
図である。
【符号の説明】
1 液晶表示装置 2 第1の基板 3 第2の基板 4 シール部材 4a 内側シール 4b 外側シール 5 スペーサ

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 環状のシール部材を挟んで対峙する一対
    の基板間に液晶を封入したものであって、前記シール部
    材は、前記液晶と接する側に位置し且つ液晶封入時に硬
    化状態にある内側シールとこの内側シールを囲むように
    位置し、且つ内側シールよりも接着強度の高い外側シー
    ルとで構成されることを特徴とした液晶表示装置。
  2. 【請求項2】 前記内側シールがポリイミドからなるこ
    とを特徴とした請求項1に記載の液晶表示装置。
JP10186381A 1998-07-01 1998-07-01 液晶表示装置 Withdrawn JP2000019540A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10186381A JP2000019540A (ja) 1998-07-01 1998-07-01 液晶表示装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10186381A JP2000019540A (ja) 1998-07-01 1998-07-01 液晶表示装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000019540A true JP2000019540A (ja) 2000-01-21

Family

ID=16187403

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10186381A Withdrawn JP2000019540A (ja) 1998-07-01 1998-07-01 液晶表示装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000019540A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002244141A (ja) * 2001-02-19 2002-08-28 Toshiba Corp 液晶表示装置の製造方法
KR100595299B1 (ko) * 2000-10-12 2006-07-03 엘지.필립스 엘시디 주식회사 액정패널 및 그의 제조방법
KR100617027B1 (ko) * 2000-12-15 2006-08-30 엘지.필립스 엘시디 주식회사 액정표시소자 제조방법
KR100720411B1 (ko) * 2000-10-25 2007-05-22 엘지.필립스 엘시디 주식회사 액정 디스플레이 패널 및 그 제조방법
JP2012063761A (ja) * 2010-08-17 2012-03-29 Semiconductor Energy Lab Co Ltd 液晶装置および液晶装置の作製方法
JP2016027451A (ja) * 2014-07-04 2016-02-18 富士通コンポーネント株式会社 タッチパネル及びその製造方法

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100595299B1 (ko) * 2000-10-12 2006-07-03 엘지.필립스 엘시디 주식회사 액정패널 및 그의 제조방법
KR100720411B1 (ko) * 2000-10-25 2007-05-22 엘지.필립스 엘시디 주식회사 액정 디스플레이 패널 및 그 제조방법
US7339647B2 (en) 2000-10-25 2008-03-04 Lg. Philips Lcd Co., Ltd. Liquid crystal display panel and method for manufacturing the same
KR100617027B1 (ko) * 2000-12-15 2006-08-30 엘지.필립스 엘시디 주식회사 액정표시소자 제조방법
JP2002244141A (ja) * 2001-02-19 2002-08-28 Toshiba Corp 液晶表示装置の製造方法
JP2012063761A (ja) * 2010-08-17 2012-03-29 Semiconductor Energy Lab Co Ltd 液晶装置および液晶装置の作製方法
JP2016194725A (ja) * 2010-08-17 2016-11-17 株式会社半導体エネルギー研究所 液晶表示装置
US9995970B2 (en) 2010-08-17 2018-06-12 Semiconductor Energy Laboratory Co., Ltd. Manufacturing method of a liquid crystal device comprising an alignment film formed under reduced pressure
KR101856123B1 (ko) 2010-08-17 2018-06-25 가부시키가이샤 한도오따이 에네루기 켄큐쇼 액정 장치 및 액정 장치의 제작 방법
JP2016027451A (ja) * 2014-07-04 2016-02-18 富士通コンポーネント株式会社 タッチパネル及びその製造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4173380B2 (ja) 液晶表示素子及びその製造方法
KR100685949B1 (ko) 액정표시소자 및 그 제조방법
JP3281362B2 (ja) 液晶表示パネルの製造方法
USRE46146E1 (en) Liquid crystal display device and method of manufacturing the same
KR100854028B1 (ko) 액정표시장치 및 그 제조 방법
US7542123B2 (en) Board device and liquid crystal display device
JPH1138424A (ja) 液晶表示パネル及びその製造方法
JP4987422B2 (ja) 表示装置、及びその製造方法
JPH11174467A (ja) 液晶表示素子およびその製造方法
JPH07159795A (ja) 液晶表示パネルの製造方法
JP3937304B2 (ja) 液晶表示パネルの製造方法
JP2008158344A (ja) 液晶表示パネルの製造方法
JPH11109373A (ja) 液晶表示素子
JP4004457B2 (ja) 液晶パネルの周辺構造
JP2000019540A (ja) 液晶表示装置
KR20030079429A (ko) 액정표시소자 및 그 제조방법
JP2010224094A (ja) 電気光学装置の製造方法
KR20020052254A (ko) 액정 표시장치 제조방법
JP3390405B2 (ja) 液晶表示パネル及びその製造方法
KR20070046421A (ko) 액정표시패널 및 그 제조방법
KR20040048172A (ko) 액정표시장치용 액정패널 및 이의 제조방법
JPH0752260B2 (ja) カラー液晶装置の製造方法
JP2001324720A (ja) 液晶表示装置およびその製造方法
JP2007264102A (ja) 液晶表示パネルおよびその製造方法
JP2007010706A (ja) 液晶装置及びその製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050627

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20051227

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20070717