JP2000013009A - バックアップピンの取付用テンプレートと基板保持用治具およびバックアップピンの取付方法 - Google Patents

バックアップピンの取付用テンプレートと基板保持用治具およびバックアップピンの取付方法

Info

Publication number
JP2000013009A
JP2000013009A JP10173558A JP17355898A JP2000013009A JP 2000013009 A JP2000013009 A JP 2000013009A JP 10173558 A JP10173558 A JP 10173558A JP 17355898 A JP17355898 A JP 17355898A JP 2000013009 A JP2000013009 A JP 2000013009A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
backup pin
substrate
template
mounting
backup
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10173558A
Other languages
English (en)
Inventor
Atsushi Sugawara
淳 菅原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NEC Tohoku Corp
Original Assignee
NEC Tohoku Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NEC Tohoku Corp filed Critical NEC Tohoku Corp
Priority to JP10173558A priority Critical patent/JP2000013009A/ja
Publication of JP2000013009A publication Critical patent/JP2000013009A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 片面に電子部品が実装されている基板を保
持するバックアップピンを、容易に取り付けることがで
きるバックアップピンの取付用テンプレート1を提供す
ること。また、この取付用テンプレート1を使用した基
板保持用治具およびバックアップピンの取付方法を提供
すること。 【解決手段】 基板の電子部品の位置が実寸大で示され
た透明または半透明のシートであるバックアップピンの
取付用テンプレート1とする。また、これと前記基板の
種類が表示されたラベル3とを、ラミネートにより一体
化するとともにシールすることが望ましい。さらに、前
記取付用テンプレート1と、バックアップピンと、バッ
クアッププレートとからなる基板保持用治具とする。ま
た、前記取付用テンプレート1を、基板の電子部品の位
置を示す目印とし、前記バックアップピンの取付位置を
確認する取付方法とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、バックアップピン
の取付用テンプレート、これを備えた基板保持用治具お
よびバックアップピンの取付方法に関し、詳しくは、ス
クリーン印刷装置により基板に回路パターンやクリーム
はんだを塗布したり、基板上に電子部品を実装する際な
どに、基板を保持するために使用されるバックアップピ
ンの取付用テンプレート、これを備えた基板保持用治具
およびバックアップピンの取付方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来から、スクリーン印刷装置により基
板に回路パターンやクリームはんだを塗布したり、基板
上に電子部品を実装する際などに、バックアップピンに
より、基板を保持することが知られている。例えば、基
板の両面に電子部品が実装された両面実装基板を作成す
るには、片面に電子部品をはんだ付けしたのち、基板下
面の電子部品に当たらない位置に取り付けられたバック
アップピンにより基板を保持させ、接着剤あるいははん
だにてもう一方の面に電子部品を実装する方法などによ
って作成されている。
【0003】しかしながら、バックアップピンにより、
片面に電子部品が実装されている基板を保持する場合、
バックアップピンが電子部品が実装されている位置に当
たらないように、取り付けなけらばならないため、取り
付けが難しいという不都合があった。このため、バック
アップピンが電子部品に接触し、電子部品が破壊される
恐れがあり、また、はんだや接着剤の供給量のばらつき
や部品搭載精度のばらつきが大きく、基板の品質に悪影
響を与える可能性が高いことが問題となっていた。
【0004】また、基板の種類を変更する場合、変更後
の基板の種類に対応するようにバックアップピンを着脱
し、その取付位置を変更する段取り変え作業において、
多大な手間を要することが問題となっていた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、前記事情を
鑑みてなされたもので、片面に電子部品が実装されてい
る基板を保持するバックアップピンを、容易に取り付け
ることができるバックアップピンの取付用テンプレート
を提供することを課題としている。また、この取付用テ
ンプレートを使用した基板保持用治具およびバックアッ
プピンの取付方法を提供することを課題としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記課題は、基板の電子
部品の位置が実寸大で示された透明または半透明のシー
トであるバックアップピンの取付用テンプレートによっ
て解決できる。また、 基板の電子部品の位置が実寸大
で示された透明または半透明のシートと、前記基板の種
類が表示されたシートとを、ラミネートにより一体化す
るとともにシールしてなる バックアップピンの取付用
テンプレートによって解決できる。さらに、前記課題
は、前記バックアップピン取付用テンプレートと、バッ
クアップピンと、前記バックアップピンが取り付けられ
るバックアッププレートとからなる基板保持用治具によ
って解決できる。さらにまた、前記バックアップピンの
取付用テンプレートを、基板の電子部品の位置を示す目
印とし、前記バックアップピンの取付位置を確認するバ
ックアップピンの取付方法によって解決できる。なお、
本発明において、シートとは、フィルム状、板状、シー
ト状のものの総称である。
【0007】
【発明の実施の形態】以下、本発明を例を示して具体的
に詳しく説明するが、本発明は、この例のみに限定され
るものではない。図1は、本発明のバックアップピンの
取付用テンプレートの一例を示した図である。このバッ
クアップピンの取付用テンプレート1は、基板に実装さ
れる電子部品の位置が示されている位置表示フィルム2
と、基板の種類が示されているラベル3とを、透明のパ
ウチフィルム4に挟み込みラミネートすることにより、
一体化するとともにシールして、シール部5を形成して
なるシート状のものである。
【0008】位置表示フィルム2は、透明または半透明
のフィルムに、基板の電子部品の位置が実寸大で示され
たものであり、これを透過させてバックアップピンの取
付位置を確認しうるものである。この位置表示フィルム
2に示されている電子部品の位置は、バックアップピン
によって保持される基板の電子部品の位置とされる。
【0009】ここでの位置表示フィルム2としては、例
えば、はんだ印刷用メタルスクリーンの添付品である検
図用フィルムを、基板と同じ程度の大きさにしたものな
どが好ましく使用される。この検図用フィルムは、あら
かじめ基板に実装される電子部品の位置が実寸大で示さ
れているものである。
【0010】また、ラベル3は、位置表示フィルム2に
示されている電子部品の位置に対応する基板の種類やそ
の裏表などを示すとともに、特定の取付用テンプレート
1を示すものであり、取付用テンプレート1の機能に支
障を与えることなく、基板の種類を示すものであればよ
く、とくに限定されない。
【0011】このようなバックアップピンの取付用テン
プレート1は、透明または半透明のフィルムに基板の電
子部品の位置が実寸大で示された位置表示フィルム2か
らなるものであるので、片面に電子部品が実装されてい
る基板を保持するバックアップピンを取り付ける際に、
これを透過させて取付位置を確認して位置決めし、取り
付けることができ、 また、取り付け後の位置を確認す
ることができることから、バックアップピンを、容易に
適切な位置に取り付けることができるものとなる。
【0012】また、位置表示フィルム2と、ラベル3と
を、透明のパウチフィルム4に挟み込み、ラミネートに
より一体化するとともにシールしてなるものであるた
め、位置表示フィルム2に示されている電子部品の位置
に対応する基板の種類を、容易に識別することができる
ものとなり、また、位置表示フィルム2およびラベル3
が保護され、丈夫なものとなるので、耐久性を向上させ
ることができるものとなる。さらに、位置表示フィルム
2として、はんだ印刷用メタルスクリーンの添付品であ
る検図用フィルムを用いることで、安価な取付用テンプ
レート1を容易に得ることができる。
【0013】本発明のバックアップピンの取付用テンプ
レート1は、上述の例のように、位置表示フィルム2と
ラベル3とをラミネートにより一体化してなるものとす
ることもできるが、位置表示フィルム2のみからなるも
のとすることもできる。また、本発明のバックアップピ
ンの取付用テンプレート1では、上述の例のように、基
板の種類を示す方法としてラベル3を用いることができ
るが、取付用テンプレート1上に記入する方法など、取
付用テンプレート1の機能に支障を与えることなく、基
板の種類を示すことができる方法であれば他の方法を採
用することもできる。
【0014】次に、前記取付用テンプレート1を使用し
たバックアップピンの取り付け方法について、図2を使
用して詳しく説明する。まず、保持される基板の下面に
実装されている電子部品の位置が示された取付用テンプ
レート1を用意し、図2に示すように、バックアッププ
レート7と対向させて、少なくともバックアップピン6
の長さより離して設置し、ついで、取付用テンプレート
1上から、これを透過させて前記基板の電子部品の位置
を示す目印とし、バックアップピン6を、前記バックア
ップピン6が前記基板の電子部品が実装されている位置
に当たらないように、取付位置を確認しながら位置決め
する方法などによって取り付けられる。さらに、このよ
うにして取り付けられたバックアップピン6は、所定の
位置に取り付けられていることを、取付用テンプレート
1により確認される。
【0015】その後、図3に示すように、片面に電子部
品8が実装されている基板9をバックアップピン6によ
り保持させる。
【0016】このようなバックアップピンの取付方法
は、前記取付用テンプレート1を、バ基板9の電子部品
8の位置を示す目印とし、前記バックアップピン6の取
付位置を確認する方法であるので、前記バックアップピ
ン6を容易に適切な位置に取り付けることができるもの
となる。また、作業者による取り付け位置のばらつきを
防ぐことができる。このため、基板9の種類を変更する
場合など、基板9に対応するようにバックアップピン6
の取付位置を変更する段取り変えに際し、その作業性を
向上させることができるものとなる。
【0017】次に、このバックアップピンの取付用テン
プレート1を備えた基板保持用治具の一例を図2を使用
して詳しく説明する。この基板保持用治具は、 前記取
付用テンプレート1と、バックアップピン6と、前記バ
ックアップピン6が取り付けられるバックアッププレー
ト7とからなるものである。
【0018】このような基板保持用治具は、前記取付用
テンプレート1を備えたものであるので、取付用テンプ
レート1を使用して、バックアップピン6をバックアッ
ププレート7に取り付けることができ、前記バックアッ
プピン6を、容易に適切な位置に取り付けることができ
るものとなる。したがって、保持される基板9の種類の
変更に伴うバックアップピン6の段取り変えの作業が容
易となり、その手間を軽減することができるものとな
る。
【0019】
【実施例】以下、本発明を実施例を示して詳しく説明す
る。 (試験例1)片面に電子部品8が実装されている基板9
を保持するバックアップピン6を、図1に示す、取付用
テンプレート1を用いて、上述した方法と同様の方法
で、図3に示すように、取り付けた。 (試験例2)片面に電子部品8が実装されている基板8
を保持するバックアップピン6を、実際に保持される基
板8と照らし併せて、電子部品8の位置を確認しなが
ら、従来と同様の方法で、図2に示すように、取り付け
た。
【0020】試験例1および試験例2のうち、試験例1
は、本発明の実施例であり、試験例2は、従来例であ
る。これら試験例1および試験例2のそれぞれについ
て、作業性の比較を行った。その結果、バックアップピ
ン取り付け工数は、試験例1では、0.2H/ラインと
なり、試験例2では、0.8H/ラインとなった。この
ことから、バックアップピンの取付用テンプレート1を
用いることによって、作業性が向上することがあきらか
となった。
【0021】
【発明の効果】以上説明したように、本発明のバックア
ップピンの取付用テンプレートにおいては、上述の構成
とすることによって、片面に電子部品が実装されている
基板を保持するバックアップピンを取り付ける際に、こ
れを透過させて取付位置を確認して位置決めし、取り付
けることができ、また、取り付け後の位置を確認するこ
とができるため、バックアップピンを、容易に適切な位
置に取り付けることができるという利点がある。
【0022】また、取付用テンプレートとして、例え
ば、はんだ印刷用メタルスクリーンの添付品である検図
用フィルムを用いることで、安価な取り付け用テンプレ
ートを容易に得ることができる。
【0023】本発明のバックアップピンの取付方法は、
前記取付用テンプレートを、基板の電子部品の位置を示
す目印とし、前記バックアップピンの取付位置を確認す
る方法であるので、前記バックアップピンを容易に適切
な位置に取り付けることができる。また、作業者による
取り付け位置のばらつきを防ぐことができ、優れた基板
を得ることができる。このため、基板の種類を変更する
場合など、基板に対応するようにバックアップピンの取
付位置を変更する段取り変えに際し、その作業性を向上
させることができるものとなる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の取付用テンプレートの一例を示した
図である。
【図2】 本発明の取付用テンプレートを使用して、バ
ックアップピンをバックアッププレートに取り付ける状
況を示した図である。
【図3】 片面に電子部品が実装されている基板をバッ
クアップピンにより保持している状況を示した図であ
る。
【符号の説明】
1・・・取付用テンプレート、2・・・位置表示フィル
ム、3・・・ラベル、4・・・パウチフィルム、5・・
・シール部、6・・・バックアップピン、7・・・バッ
クアッププレート、8・・・電子部品、9・・・基板。

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 基板の電子部品の位置が実寸大で示され
    た透明または半透明のシートであることを特徴とするバ
    ックアップピンの取付用テンプレート。
  2. 【請求項2】 基板の電子部品の位置が実寸大で示され
    た透明または半透明のシートと、前記基板の種類が表示
    されたラベルとを、ラミネートにより一体化するととも
    にシールしてなることを特徴とするバックアップピンの
    取付用テンプレート。
  3. 【請求項3】 請求項1または請求項2記載のバックア
    ップピン取付用テンプレートと、バックアップピンと、
    前記バックアップピンが取り付けられるバックアッププ
    レートとからなることを特徴とする基板保持用治具。
  4. 【請求項4】 請求項1または請求項2記載のバックア
    ップピン取付用テンプレートを、基板の電子部品の位置
    を示す目印とし、前記バックアップピンの取付位置を確
    認することを特徴とするバックアップピンの取付方法。
JP10173558A 1998-06-19 1998-06-19 バックアップピンの取付用テンプレートと基板保持用治具およびバックアップピンの取付方法 Pending JP2000013009A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10173558A JP2000013009A (ja) 1998-06-19 1998-06-19 バックアップピンの取付用テンプレートと基板保持用治具およびバックアップピンの取付方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10173558A JP2000013009A (ja) 1998-06-19 1998-06-19 バックアップピンの取付用テンプレートと基板保持用治具およびバックアップピンの取付方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000013009A true JP2000013009A (ja) 2000-01-14

Family

ID=15962784

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10173558A Pending JP2000013009A (ja) 1998-06-19 1998-06-19 バックアップピンの取付用テンプレートと基板保持用治具およびバックアップピンの取付方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000013009A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101471900B1 (ko) * 2012-09-24 2014-12-11 야마하하쓰도키 가부시키가이샤 기판 처리 장치

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101471900B1 (ko) * 2012-09-24 2014-12-11 야마하하쓰도키 가부시키가이샤 기판 처리 장치

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TW386273B (en) IC package structure, LCD apparatus, and electronic device
CN1717166B (zh) 显示器件和显示装置
US7772776B2 (en) Display device with panel and chassis base aligned
WO2011077783A1 (ja) 表示モジュール及び表示モジュールの製造方法
JP3815102B2 (ja) 液晶表示装置
JP2000013009A (ja) バックアップピンの取付用テンプレートと基板保持用治具およびバックアップピンの取付方法
TW546518B (en) Liquid crystal display element with a reflection sheet and method for preparing the reflection sheet
JP2001154802A (ja) タッチパネルの位置決め固定方法
JP3470749B2 (ja) 携帯電話機
JP4250448B2 (ja) 両面露光方法
US6458608B1 (en) Alignment check method on printed circuit board
JP2000162570A (ja) 液晶表示パネルの位置合わせ方法
JP2005077756A (ja) 液晶表示装置の光源の位置合わせ構造
JP3042641B2 (ja) プリント配線板
JP2008076595A (ja) 電気光学装置用実装ケース及び表示モジュール
KR20010076687A (ko) 라인스캔 카메라 및 미러를 이용한 대형 패널 표면 검사장치
TW515918B (en) Method of checking tape automated bonding region of display module
JP2000208999A (ja) 基板バックアップ装置におけるバックアップピンのセット方法
JPH06238868A (ja) 印刷用メタルマスク取付装置
JPH06783Y2 (ja) 回路基板検査装置のピンボ−ド
JPH10186394A (ja) 検査装置及び液晶表示装置の検査方法
JP2589080Y2 (ja) 加圧型の露光装置におけるフォトツール保持具
JP4050592B2 (ja) 携帯用電子機器
JPH10224000A (ja) プリント基板
KR101024602B1 (ko) 양면 노출 구조의 연성 인쇄 회로 기판에 부품을 실장하는 방법 및 그 부품 실장용 보강판

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20000125