JP2000007147A - 板状体の吊下移載具 - Google Patents

板状体の吊下移載具

Info

Publication number
JP2000007147A
JP2000007147A JP17593798A JP17593798A JP2000007147A JP 2000007147 A JP2000007147 A JP 2000007147A JP 17593798 A JP17593798 A JP 17593798A JP 17593798 A JP17593798 A JP 17593798A JP 2000007147 A JP2000007147 A JP 2000007147A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
suspension
frame
suction
transfer device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP17593798A
Other languages
English (en)
Inventor
Eiji Nakayama
栄治 中山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Central Glass Co Ltd
Original Assignee
Central Glass Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Central Glass Co Ltd filed Critical Central Glass Co Ltd
Priority to JP17593798A priority Critical patent/JP2000007147A/ja
Publication of JP2000007147A publication Critical patent/JP2000007147A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】ガラス板等の板状体のハンドリング用補助具に
関し、特に小寸法の建築用、車両用、産業用、家具用等
の板状体を吸着し吊下げ等により姿勢変更や移載を行う
移載具に関する。 【解決手段】吸着パッドで吸着した板状体を姿勢変更
し、移載するハンドリング用の移載具において、板状体
を吸着保持する吸着パッドを有する吸着手段と、該吸着
手段を支持固定する支持枠を回転自在および起倒可能と
する姿勢調整手段と、該姿勢調整手段に連結した吊下フ
レームと吊下ワイヤーを有する懸吊手段と、からなり、
該懸吊手段には吸着手段、姿勢調整手段、懸吊手段およ
び吸着した板状体の合計荷重と略均衡する吊上げ力を付
与するスプリング・バランサーまたはエアバランサーを
設けた。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ガラス板等の板状
体のハンドリング用補助具に関し、特に小寸法の建築
用、車両用、産業用、家具用等の板状体を吸着し吊下げ
等により姿勢変更や移載を行う移載具に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、ガラス板等の板状体を搬送ラ
インから積載台やパレット等、あるいは別系列の搬送ラ
インに移載する場合、あるいはその逆を行う場合に、ロ
ボットや専用の自動機械により、自動的に移載処理し、
同時に水平姿勢、縦姿勢、傾斜姿勢等の姿勢変更を合わ
せて行うことが広く一般的に行われている。
【0003】ところで、複層ガラス等の製造ラインは、
多品種小量生産が多く、自動機械で処理するにしても、
段取り替えやサイズ調整等を頻繁に行わなければなら
ず、逆に段取調整等に要する時間が運転時間を上回り、
ロスタイムも多く発生し、作業性、生産性が良いものと
はいえない。
【0004】この為、こうした多品種少量生産ラインに
おいて、移載を行う場合には、作業員の操作による半自
動の補助具等を用いたものが、広く一般的に利用され、
様々な工夫を施した方法や装置が知られている。
【0005】例えば、特公昭48−22746号公報に
は、板状体を懸吊保持具に装着されたチャックにより吸
着保持し、これを吊り紐で懸吊した状態下において、こ
れら保持具と板状体の総合した重心に対して懸吊支持点
を変更調整することにより、懸吊された上記板状体の傾
きを選択的に変えられるようになした板状体の懸吊方法
が開示されている。
【0006】また、特公平7−21252号公報には、
台車本体と、台車本体に旋回可能に立設された昇降マス
トと、該マストの上端に屈伸可能に取付けられた伸縮ア
ームと、該伸縮アームを俯仰させるために伸縮アームに
取付けられた俯仰装置と、伸縮アームの先端の下方にお
いてウインチにより巻き上げ・巻き戻しされるワイヤー
を介して吊下げられた板状体の吸着アタッチメント装置
とを有し、吸着アタッチメント装置に吸着された板状体
を昇降マスト、伸縮アーム、俯仰装置、ウインチの動作
により施工すべき所定位置に調整可能にした板状体の施
工装置が開示されている。
【0007】あるいは、実開平6−42884号公報に
は、搬送装置等に吊下げる本体と、該本体に支持される
真空ポンプ、及び操作装置と、上記本体に吊下げられ、
相互に離間して設けられた少なくとも2個の可撓性吊下
げ部材、及び該各吊下げ部材の下端部に支持され、上記
真空ポンプとホースで接続された吸盤とからなる簡易吸
盤機が開示されている。
【0008】さらに、板状体を吊り下げて移動するとい
った点で類似したものとして、特開平4−357267
号公報には、床上を移動可能とした基台と、該基台上に
設けられ、昇降機構で略水平に昇降する吊下げアーム
と、該吊下げアームに沿って延設され、該アーム先端部
から垂下された先端部に板ガラス吊下げ用の器具を備
え、巻取、繰出し自在とした吊下げ部材とからなるガラ
ス板等の吊下げ、搬送装置が開示されている。
【0009】さらにまた、特開平7−285795号公
報には、外装板材を吸着する吸着装置を備え、フォーク
リフトによって移動する建築物の外装板材取付装置にお
いて、前記フォークリフトの昇降爪上には、昇降・伸縮
・旋回機構を備えたクレーン部を着脱自在に設け、前記
伸縮機構には吸着装置を吊り下げ可能とした建築物の外
装板材取付装置が開示されている。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】前記特公昭48−22
746号公報に記載のものは、吊り下げたガラス板の傾
斜の程度をポンプの遠隔操作によりシリンダーを作動せ
しめて選択的に調節し、懸吊腕の吊下支持点を前記重心
に対して変えることにより上記ガラス板を垂直状に懸吊
するものであり、特に大寸法のガラス板のハンドリング
については有効なものであるが、比較的小寸法のガラス
板のハンドリングを行う場合、垂直姿勢から水平姿勢へ
姿勢変更させる、あるいはその逆の姿勢変更を行う、さ
らには垂直姿勢のままで縦と横を90度回転させるとい
った作業を行う場合、遠隔操作によりいちいちシリンダ
ーを作動させて姿勢変更をするといった作業を行うので
は迅速性を欠き、作業性、能率が良くないといった不都
合があった。
【0011】また、特公平7−21252号公報に記載
のものは前述のものと同様に、クレーン操作等で姿勢の
変更や、昇降は可能であり、特に重量物や大寸法のガラ
ス板については有効であるが、比較的小寸法のガラス板
のハンドリングを行う場合、いちいちクレーン操作によ
り姿勢変更をするといった作業を行うのでは迅速性を欠
き、作業性が良くないといった不都合があった。
【0012】さらに、特開平4−357267号公報に
記載のものは、垂直姿勢のガラス板をそのままの姿勢
で、吊下げ移動させるもので、水平と垂直の姿勢変更が
困難であるという問題点があった。
【0013】あるいはまた、実開平6−42884号公
報に記載のものは、ガラス板を水平姿勢、あるいは垂直
姿勢で吊り下げ移動できるが、水平姿勢から垂直姿勢に
姿勢変更、あるいはその逆の動作をさせることはできな
いという問題点があった。
【0014】あるいはさらに、特開平7−285795
号公報に記載のものは、ガラス板を回転、起倒させて姿
勢を変更させることについては、作業者により容易にで
きるが、昇降や移動させる場合は別の作業者によるフォ
ークリフトのクレーン操作で行わなければならないとい
う問題点があった。
【0015】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記問題点の
解決を図る、すなわち吊り下げた板状体に直接手で触れ
ることなく、作業者への負荷を少なくし、作業者による
僅かな力で迅速かつ容易に該板状体の旋回、起倒、回転
等の姿勢変更と、昇降、移動ができることを目的とす
る。
【0016】本発明は、吸着パッドで吸着した板状体を
姿勢変更し、移載するハンドリング用の移載具におい
て、板状体を吸着保持する吸着パッドを有する吸着手段
と、該吸着手段を支持固定する支持枠を回転自在および
起倒可能とする姿勢調整手段と、該姿勢調整手段に連結
した吊下フレームと吊下ワイヤーを有する懸吊手段と、
からなり、該懸吊手段には吸着手段、姿勢調整手段、懸
吊手段および吸着した板状体の合計荷重と略均衡する吊
上げ力を付与するスプリング・バランサーまたはエアバ
ランサーを設けた板状体の吊下移載具を提供する。
【0017】本発明の移載具は、前記支持枠の中央部に
固着した円形プレートの中心を軸支する吊下プレートを
設け、該軸支部を回転中心として回転自在とする回転手
段と、前記円形プレートに一定角度毎に設けた穿孔部と
吊下プレートとを回転ロックピンでロックすることによ
りロック自在とする回転ロック手段とを備えたものとす
ることができる。
【0018】さらに、本発明の移載具は、前記吊下プレ
ートの中心と吊下フレームの下端とを軸支し、該軸支部
を起倒軸として、支持枠を起倒自在とする起倒手段と、
吊下プレートの片端に設けた穿孔部と吊下フレームに設
けた穿孔部とを起倒ロックピンの挿入で保持ロックする
起倒ロック手段とを備え、該支持枠を水平姿勢と垂直姿
勢間で姿勢変更自在およびロック自在とすることができ
る。
【0019】さらにまた、本発明の移載具は、走行レー
ルに沿って走行体を移動自在とする走行手段と、該走行
レールと直交する方向に横行レールを前記走行体に固着
し、前記横行レールに沿って横行体を移動自在とする横
行手段を設け、該横行体にスプリングバランサーまたは
エアバランサーを懸吊させ、該横行体をX、Y軸方向に
移動自在とすることができる。
【0020】本発明の移載具は、搬送コンベア上を水平
姿勢、あるいは傾斜姿勢、または縦姿勢で搬送され、所
定の位置で停止させたガラス板等の板状体Gを、作業者
によりマニュアルでハンドリング作業する時に、パレッ
ト上、あるいは積載台上、または別の搬送コンベア上等
に異なる姿勢、または同一の姿勢で移載するためのハン
ドリングの支援装置である。この移載具は搬送台上等で
板状体の姿勢を単に変更するためにも使用できる。
【0021】特に、多品種小ロットの複層ガラスの生産
工程において、シーリング材を充填し固化する前の複層
ガラス板をハンドリング移載するときに、作業者が複層
ガラスの周縁部のシーリング材に触れ、ガラス板面を汚
してしまうことなくガラス板をハンドリングできる補助
具として使用されるものである。
【0022】
【発明の実施の形態】本発明の移載具は、まず図1に示
すように、板状体Gの前面を吸着し保持する複数の吸着
パッド11、11、・・を有する吸着手段10を支持枠
20で支持固定する。
【0023】前記支持枠20については、略方形で、そ
の中央に固着した円形プレート33より支持枠20の4
つのコーナー方向にアーム21、21、・・を延設させ
る。吸着手段10は、前記支持枠20のコーナー部近
傍、かつアーム21、21、・・の先端部に吸着パッド
11を取り付け、エアチューブ12により真空源と接続
したものである。該支持枠20の中心部に固着した円形
プレート33の中心部で軸支した吊下プレート34の略
中央部を吊下フレーム6の下端部に軸支させて上方のレ
ールより吊り下げる。
【0024】移載具を吊下げるには、図5に示すよう
に、吊下フレーム6の上端側を吊下ベルト7を間に介し
て吊下ワイヤー8と連結し、スプリングバランサー4を
用いた吊下ワイヤー8の巻き上げにより支持枠20等を
上昇させる。
【0025】さらに、姿勢調整手段は図1乃至図3に示
すように、吸着パッド11を対角線方向に延設した前記
支持枠20を、支持枠20の中心部を回転中心として図
1、図3に示すように回転自在とする回転手段と、所定
の角度で回転をロックする回転ロック手段を備える。
【0026】さらにまた、前記支持枠20の略中心に軸
支した前記吊下プレート34の中央部に吊下フレーム6
の下端部を軸支させて、該軸部を起倒軸として、支持枠
20を図2に示すような起倒姿勢から図4に示すような
水平姿勢へ、あるいはその逆方向に起倒自在とする起倒
手段と、起倒姿勢(または水平姿勢)を保持ロックする
起倒ロック手段を備える。
【0027】前記スプリングバランサー4は、支持枠2
0及び吸着手段等からなる吊下移載具1の荷重と略均衡
し、該荷重を僅かに上回る巻き上げ力で吊下移載具1を
上方に吊り上げ上昇させるものであり、作業者による僅
かな力で下方に引き下げることができる。
【0028】また、前記支持枠20の姿勢調整手段をな
す回転手段は、吸着パッド11を四隅近傍に設けた前記
支持枠20の中央部に固着した円形プレート33に軸着
する吊下プレート34の軸着部を回転中心とし、支持枠
20を回転自在とするものである。
【0029】支持枠20の回転ロック手段は、所定の回
転角度位置、例えば90度毎に円形プレート33に設け
た穿孔部32、32、・・のいずれかに回転ロックピン
31を吊下プレート34の孔部を通して挿入することに
よって、円形プレート33の回転をロックさせるもので
ある。
【0030】さらに、支持枠20の姿勢調整手段をなす
前記起倒手段は、前記吊下フレーム6の下端部と吊下プ
レート34の略中央部とを支持枠20の略中心付近で軸
支させることにより、該支持枠20が吊下プレート34
を介して吊下フレーム6にて懸吊され、前記吊下フレー
ム6の下端部の軸部を起倒軸として支持枠20を自由に
起倒できるものである。
【0031】さらにまた、支持枠20の起倒ロック手段
は、前記支持枠20を起倒させ、吊下プレート34をほ
ぼ垂直状態にして吊下フレーム6の下部と重ねるように
した時に、吊下プレート34の上端近傍部に設けた貫通
孔と、吊下フレーム6に設けた孔部との両孔に起倒ロッ
クピン41を挿入し、吊下プレート34と吊下フレーム
6とを固定するものである。
【0032】前記スプリング・バランサー4は、図5に
示すように、水平方向に設けた横行レール61に沿って
横行自在な横行体62より懸吊され、横行する横行手段
60により横行する。また、該横行レール61の上方で
該横行レール61と直交する水平方向に設けた走行レー
ル51に沿って、横行手段60を走行させる走行体52
からなる走行手段50を設けた。
【0033】次ぎに、本発明の吊下移載具1の使用方法
について説明する。図5に示すように、例えば縦型搬送
装置の搬送台3上を傾斜姿勢のガラス板Gを搬送し、所
定の位置で停止させる。
【0034】作業者は吊下移載具1の支持枠20を持
ち、該移載具1を下方に下げると共に、前記走行手段5
0と横行手段60によりX軸方向、Y軸方向の所望の位
置まで移動させる。
【0035】前記吊下移載具1は、図1および図2のよ
うな縦姿勢となっている。吊下移載具1の4つの吸着パ
ッド11、11、・・をガラス板Gの中央部に押し当
て、吸着させ、吸着保持したガラス板Gを横行手段60
により横行させると共に旋回して積載台2上に移動し、
吸着パッド11、11、・・の真空状態を図示しないス
イッチ等で解除して移載する。
【0036】吊下移載具1は、吊下フレーム6の上端よ
りナイロンスリング等の吊下ベルト7で吊り下げている
ため、自由度が高く、作業者により所望の角度に旋回自
在であり、縦型搬送装置の搬送台3上のガラス板Gの傾
斜角度と積載台2の積載角度が異なっても、作業者によ
り任意の姿勢とすることができる。
【0037】図1に示すように、吊下プレート34と吊
下フレーム6とを固定している起倒ロックピン41を抜
き取ると、吊下移載具1の支持枠20は吊下プレート3
4の略中心で吊下フレーム6にて懸吊された状態とな
り、支持枠20は、図4に示すような水平姿勢となり、
起倒ロックピン41で固定されていないので作業者によ
る姿勢変更は自由であり、縦姿勢で搬送されたガラス板
Gを図6に示すような水平姿勢にすることは容易であ
る。
【0038】図1に示す縦姿勢のガラス板Gを移載後、
ガラス板Gの縦辺より横辺の方が長いガラス板Gを移載
しようとする場合は、図3に示す状態に移載具1の姿勢
を変更すれば良い。この場合は、まず吊下プレート34
の下部側と円形プレート33とを連結固定している回転
ロックピン31を引き抜けば、吊下プレート34と円形
プレート33は中心部で軸支されているだけとなり、円
形プレート33は該軸支した部分を回転軸として回転自
在となる。円形プレート33に設けた穿孔部32、3
2、・・を90度毎に設けたので、円形プレート33を
回転させて所望の位置で吊下プレート34に設けた穿孔
部と一致させて回転ロックピン31で固定することがで
きる。
【0039】スプリングバランサー4はバネ力を利用し
た市販品であり、その巻上げ能力の選定は自由である
が、本実施例ではガラス板G等の荷重をかけていない状
態で、吊下ワイヤー8を巻き上げ、吊下移載具1を上昇
させる。吊下ワイヤー8が上端まで巻き上げられて停止
した状態で、吊下ワイヤー8の下端と連結した吊下ベル
ト7の長さ分だけ吊下移載具1は下方位置となる。
【0040】作業者により吊下移載具1を下方に下げよ
うとするときは、下方側に僅かな力を加えるだけで吊下
移載具1を下方に引き下げることができる。スプリング
バランサー4の巻上げ能力を吊下移載具1の重量だけで
なく、ガラス板Gの荷重の一部も持ち上げるように設定
しておけば、ガラス板Gの吸着ハンドリング作業時に、
ガラス板をハンドリングする力が少なくてすみ作業者の
負担を大幅に軽減できる。
【0041】以上、好適な実施例について述べたが、本
発明はこれに限定されるものではなく種々の応用が考え
られるものである。本実施例では、バネを用いたスプリ
ングバランサー4を使用したが、これに代えてエアーを
使用したバランサーとしても良い。
【0042】積載台2上に載置する板状体Gは必ずしも
同一形状、サイズの板状体でなく、必要があれば異なっ
たサイズの板状体としても良い。また、板状体Gとは、
ガラス板、樹脂板、金属板、材木板材、パネル材等であ
り、またこれらを組み合わせて重ね合わせたものであっ
ても良い。
【0043】また、ガラス板としては強化ガラス板、半
強化ガラス板、生板等の単板、あるいは複数枚の強化ガ
ラス相互、あるいは強化ガラスと生板ガラスを組み合わ
せてPVBやEVA等の中間膜または樹脂注入で接着し
た合わせガラス、および前記のガラス板に飛散防止樹脂
膜を貼着したもの等のガラス板、さらには前記ガラス板
を組み合わせた複層ガラス板であり、建築用、車両用、
産業用、家具用、あるいはその素板等が対象となること
は云うまでもない。
【0044】
【発明の効果】本発明は、非常にシンプル且つコンパク
トな構造であり、多品種小ロットで自動化に不向きな板
状体の生産時に、作業者による板状体のハンドリング時
の作業を軽減し、板状体の姿勢変更も容易にでき、板状
体のサイズ変化、厚み変化にも対応が容易で、作業性が
良く、スムーズである。
【0045】特に、複層ガラスの周端縁部にシーリング
材を充填した固化前の複層ガラスのハンドリング時に、
周辺部を手でハンドリングしたときに、手に付着したシ
ーリング材によりガラス板面に汚れを発生させてしまう
ことがないようにすることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の吊下移載具の正面図。
【図2】本発明の吊下移載具の側面図。
【図3】本発明の吊下移載具を90度回転させた状態を
示す正面図。
【図4】本発明の吊下移載具を水平姿勢にした状態を示
す側面図。
【図5】本発明の移載装置により縦姿勢の板状体を吊下
げ、旋回及び移動する状態を示す図。
【図6】本発明の移載装置により板状体を水平姿勢に吊
下げ移載する状態を示す図。
【符号の説明】
G 板状体 1 吊下移載具 2 積載台 3 搬送台 4 スプリングバランサー 6 吊下フレーム 7 吊下ベルト 8 吊下ワイヤー 10 吸着手段 11 吸着パッド 12 エアーチューブ 20 支持枠 21 アーム 30 回転ロック機構 31 回転ロックピン 32 孔 33 円形プレート 34 吊下プレート 40 起倒ロック機構 41 起倒ロックピン 42 穿孔部 50 走行手段 51 走行レール 60 横行手段 61 横行レール

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】吸着パッドで吸着した板状体を姿勢変更
    し、移載するハンドリング用の移載具において、板状体
    を吸着保持する吸着パッドを有する吸着手段と、該吸着
    手段を支持固定する支持枠を回転自在および起倒可能と
    する姿勢調整手段と、該姿勢調整手段に連結した吊下フ
    レームと吊下ワイヤーを有する懸吊手段と、からなり、
    該懸吊手段には吸着手段、姿勢調整手段、懸吊手段およ
    び吸着した板状体の合計荷重と略均衡する吊上げ力を付
    与するスプリング・バランサーまたはエアバランサーを
    設けたことを特徴とする板状体の吊下移載具。
  2. 【請求項2】前記支持枠の中央部に固着した円形プレー
    トの中心を軸支する吊下プレートを設け、該軸支部を回
    転中心として回転自在とする回転手段と、前記円形プレ
    ートに一定角度毎に設けた穿孔部と吊下プレートとを回
    転ロックピンでロックすることによりロック自在とする
    回転ロック手段とを備えたことを特徴とする請求項1記
    載の板状体の吊下移載具。
  3. 【請求項3】前記吊下プレートの中心と吊下フレームの
    下端とを軸支し、該軸支部を起倒軸として、支持枠を起
    倒自在とする起倒手段と、吊下プレートの片端に設けた
    穿孔部と吊下フレームに設けた穿孔部とを起倒ロックピ
    ンの挿入で保持ロックする起倒ロック手段とを備え、該
    支持枠を水平姿勢と垂直姿勢間で姿勢変更自在およびロ
    ック自在としたことを特徴とする請求項1乃至2記載の
    板状体の吊下移載具。
  4. 【請求項4】走行レールに沿って走行体を移動自在とす
    る走行手段と、該走行レールと直交する方向に横行レー
    ルを前記走行体に固着し、前記横行レールに沿って横行
    体を移動自在とする横行手段を設け、該横行体にスプリ
    ングバランサーまたはエアバランサーを懸吊させ、該横
    行体をX、Y軸方向に移動自在としたことを特徴とする
    請求項1乃至3記載の板状体の吊下移載具。
JP17593798A 1998-06-23 1998-06-23 板状体の吊下移載具 Pending JP2000007147A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17593798A JP2000007147A (ja) 1998-06-23 1998-06-23 板状体の吊下移載具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17593798A JP2000007147A (ja) 1998-06-23 1998-06-23 板状体の吊下移載具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000007147A true JP2000007147A (ja) 2000-01-11

Family

ID=16004873

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17593798A Pending JP2000007147A (ja) 1998-06-23 1998-06-23 板状体の吊下移載具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000007147A (ja)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101390789B1 (ko) 2012-07-20 2014-05-02 박은희 평판형 작업물을 다루기 위한 에어 발란싱 장치
CN104016218A (zh) * 2014-06-24 2014-09-03 山东温声玻璃有限公司 一种吊装玻璃的吸盘架
CN104526347A (zh) * 2014-12-19 2015-04-22 广东长虹电子有限公司 一种应用模组屏幕的o/c自动上线设备
CN104552320A (zh) * 2015-01-15 2015-04-29 中江志诚钢化玻璃制品有限公司 气动翻转吸附系统
CN104555433A (zh) * 2015-01-15 2015-04-29 中江志诚钢化玻璃制品有限公司 一种增加稳定性的转运设备
CN104555431A (zh) * 2015-01-15 2015-04-29 中江志诚钢化玻璃制品有限公司 对玻璃进行吸附固定的系统
WO2017003282A1 (en) * 2015-07-02 2017-01-05 Vacuum Lifting Holland Device for manipulating flat objects etc.
JP2017048025A (ja) * 2015-09-03 2017-03-09 朝日電装株式会社 移載補助装置
CN106884543A (zh) * 2017-04-10 2017-06-23 江苏鑫宇装饰有限公司 一种幕墙起吊输送装置
JP2017149565A (ja) * 2016-02-26 2017-08-31 山九株式会社 巻上げ装置
CN109230518A (zh) * 2018-10-17 2019-01-18 肖�琳 一种玻璃辅助运输装置
DE102019104590B3 (de) * 2019-02-22 2020-04-16 Bohle Ag Haltekopf für eine Vakuum-Haltevorrichtung zur Handhabung eines plattenförmigen Werkstücks und entsprechende Vakuum-Haltevorrichtung
CN111994634A (zh) * 2020-08-31 2020-11-27 安徽正威彩晶科技有限公司 一种玻璃面板转移装置
CN113602946A (zh) * 2021-08-06 2021-11-05 安徽江淮汽车集团股份有限公司 汽车车身侧围外板吊运装置

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101390789B1 (ko) 2012-07-20 2014-05-02 박은희 평판형 작업물을 다루기 위한 에어 발란싱 장치
CN104016218A (zh) * 2014-06-24 2014-09-03 山东温声玻璃有限公司 一种吊装玻璃的吸盘架
CN104526347A (zh) * 2014-12-19 2015-04-22 广东长虹电子有限公司 一种应用模组屏幕的o/c自动上线设备
CN104552320A (zh) * 2015-01-15 2015-04-29 中江志诚钢化玻璃制品有限公司 气动翻转吸附系统
CN104555433A (zh) * 2015-01-15 2015-04-29 中江志诚钢化玻璃制品有限公司 一种增加稳定性的转运设备
CN104555431A (zh) * 2015-01-15 2015-04-29 中江志诚钢化玻璃制品有限公司 对玻璃进行吸附固定的系统
US10329126B2 (en) * 2015-07-02 2019-06-25 Vacuum Lifting Holland Beheer B.V. Device for manipulating flat objects etc
WO2017003282A1 (en) * 2015-07-02 2017-01-05 Vacuum Lifting Holland Device for manipulating flat objects etc.
JP2017048025A (ja) * 2015-09-03 2017-03-09 朝日電装株式会社 移載補助装置
JP2017149565A (ja) * 2016-02-26 2017-08-31 山九株式会社 巻上げ装置
CN106884543A (zh) * 2017-04-10 2017-06-23 江苏鑫宇装饰有限公司 一种幕墙起吊输送装置
CN109230518A (zh) * 2018-10-17 2019-01-18 肖�琳 一种玻璃辅助运输装置
DE102019104590B3 (de) * 2019-02-22 2020-04-16 Bohle Ag Haltekopf für eine Vakuum-Haltevorrichtung zur Handhabung eines plattenförmigen Werkstücks und entsprechende Vakuum-Haltevorrichtung
EP3699134A1 (de) * 2019-02-22 2020-08-26 Bohle AG Haltekopf für eine vakuum-haltevorrichtung zur handhabung eines plattenförmigen werkstücks und entsprechende vakuum-haltevorrichtung
CN111994634A (zh) * 2020-08-31 2020-11-27 安徽正威彩晶科技有限公司 一种玻璃面板转移装置
CN111994634B (zh) * 2020-08-31 2022-04-01 安徽正威彩晶科技有限公司 一种玻璃面板转移装置
CN113602946A (zh) * 2021-08-06 2021-11-05 安徽江淮汽车集团股份有限公司 汽车车身侧围外板吊运装置
CN113602946B (zh) * 2021-08-06 2022-05-20 安徽江淮汽车集团股份有限公司 汽车车身侧围外板吊运装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000007147A (ja) 板状体の吊下移載具
JP4135530B2 (ja) 物品移載装置
JP2003188597A (ja) バックアッププレート昇降装置
JP2000016748A (ja) 版材用吊具
JPH10310393A (ja) 板状体のハンドリング装置
JP4633294B2 (ja) 搬送ロボット移転対応型搬送装置及び搬送ロボット移転方法
JP3083812B1 (ja) ワークの吸着吊下げ装置
KR101963187B1 (ko) 유리 흡착 이송장치
JP2513952B2 (ja) 板状体移載用バキュ―ムリフト
JP3252752B2 (ja) 板体の運搬吊具
JP3121465B2 (ja) 板状材のハンドリング装置
CN211643617U (zh) 一种工程用气动转台
CN210884244U (zh) 一种玻璃板抓取转运装置
JPH07276174A (ja) ワーク加工方法および装置
JPH0723190Y2 (ja) ハンドリングマニピュレータの構造
CN216272784U (zh) 一种土木工程用具有防脱落结构的起吊装置
CN212825465U (zh) 一种上料搬运用助力机械手
JPH05246689A (ja) 薄板用搬器及び薄板の搬送方法
JPH063022Y2 (ja) 覆工板等の反転装置
JP2001228452A5 (ja)
JP2554020B2 (ja) 懸吊式物品運搬装置
CN114408768A (zh) 一种用于机械工程的起吊机
JPH082881A (ja) 構造物用部材の移送装置
JPH0710278A (ja) 荷積み装置及びその方法
JP2555085Y2 (ja) フードアウタ搬送装置

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20041130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050124

A02 Decision of refusal

Effective date: 20050308

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02