JP2000006107A - 斜穿孔装置 - Google Patents

斜穿孔装置

Info

Publication number
JP2000006107A
JP2000006107A JP18991098A JP18991098A JP2000006107A JP 2000006107 A JP2000006107 A JP 2000006107A JP 18991098 A JP18991098 A JP 18991098A JP 18991098 A JP18991098 A JP 18991098A JP 2000006107 A JP2000006107 A JP 2000006107A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
stand
machine
set table
perforated
drilling
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP18991098A
Other languages
English (en)
Inventor
Tei Sato
諦 佐藤
Shigeki Matsunaga
茂樹 松永
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
MITOMO KK
Original Assignee
MITOMO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by MITOMO KK filed Critical MITOMO KK
Priority to JP18991098A priority Critical patent/JP2000006107A/ja
Publication of JP2000006107A publication Critical patent/JP2000006107A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Drilling And Boring (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 被穿孔物に、簡易・迅速に筋交い用の深孔を
容易に設けることのできる斜穿孔装置を開発することに
ある。 【解決手段】 水平方向に深い孔をあける穿孔機(1)
のマシンスタンド(2)と、該スタンド近傍にワークス
タンド(3)を設け、該スタンドには、被穿孔物(X)
を一時固定するセットテーブル(4)を回転可能に設
け、該テーブル上には、被穿孔物(X)を、該穿孔機の
穿孔ドリル(1f)の軸方向の延長線上であって、矩形
の被穿孔物の一側部(Ya)の端部付近から他側部(Y
b)の中央点(P)を結ぶ線上に抜けるように、マシン
スタンドとセットテーブルとを旋回可能にセットして穿
孔することを特徴とする斜穿孔装置。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、矩形の被穿孔物に対し
て深孔をあけるための斜穿孔装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、日本建築の柱間には壁が設けら
れ、その壁には土壁が設けられているが、その壁には地
震等の対策のため、筋交いを入れることが行なわれてい
る。
【0003】そして、本願出願人は過去に、壁部材を、
軸方向に二分した間伐材を複数本並べて壁部材に用いる
ことで特許を受けているが、このような二分した間伐材
や、二分しない間伐材からなる壁材にも、地震等の対策
のため、筋交いに代わるボルトを入れることを提案して
いる。
【0004】しかし、これらの壁材に長い孔をあけ、し
かも斜めにあけることは非常に困難なことであり、しか
も、工期の短縮によりコストを下げようとすると、簡易
・迅速に行なう必要があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】そこで、この発明は、
上記の欠点を除去するために発明されたものであり、簡
易・迅速に筋交い用の深孔を容易に設けることのできる
斜穿孔装置を開発することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、被穿孔物に斜め方向に長孔を、簡単・迅速に機械加
工することのできる斜穿孔装置を開発するものである。
【0007】
【発明の実施の形態】本発明の最適な一実施例を説明す
ると、水平方向に深い孔をあけるための穿孔機(1)を
搭載したマシンスタンド(2)と、該マシンスタンド近
傍に、被穿孔物(X)を搭載するワークスタンド(3)
を設けている。
【0008】穿孔機(1)は、マシンスタンド(2)に
レールベース(1a)が取り付けられ、該レールベース
(1a)上に、ドリルユニットスライドテーブル(1
b)が摺動可能に設けられ、該ドリルユニットスライド
テーブル(1b)上に、スピンドルケース(1c)とス
ライドシフター(1d)とが一定の間隔を保って固定さ
れている。
【0009】そして、スピンドルケース(1c)には、
ドリル(1f)を回転させるための自動送り用モータ
(1e)を設け、該スピンドルケース(1c)に装着さ
れたドリル(1f)は、中途を前記スライドシフター
(1d)にサポートされて、スライドシフター(1d)
と一体にドリルユニットスライドテーブル(1b)上を
摺動して、被穿孔物(X)に向かって送りだされる。そ
の際の送り出すための動力源は、エアシリンダー(1
g)である。
【0010】さらに、ワークスタンド(3)の上面に
は、セットテーブル(4)に載置される被穿孔物(X)
の側部の中央点(P)を、軸芯(Z)とするドーナツ盤
状の受台(3a)を固定して設けており、従って、該セ
ットテーブル(4)の底面は、受台(3a)上を摺動回
転するものであり、そして、軸芯(Z)とセットテーブ
ル(4)上に載置された被穿孔物(X)の中央点(P)
とが同一になるようセットするものである。
【0011】このように、穿孔機(1)を搭載したマシ
ンスタンド(2)と、該マシンスタンド近傍に、被穿孔
物(X)を搭載するワークスタンド(3)との位置関係
は、ワークスタンドのセットテーブル(4)に載置した
被穿孔物(X)に対して、該穿孔機(1)の穿孔ドリル
(1f)の軸方向の延長線上であって、矩形の被穿孔物
(X)の一側部(Ya)の端部付近から他側部(Yb)
の中央点(P)を結ぶ線上に抜けるように、マシンスタ
ンド(1)とセットテーブル(4)とを旋回可能にセッ
トして穿孔することを特徴とする斜穿孔装置からなるも
のである。
【0012】また、被穿孔物(X)は、柱、丸太、間伐
材、あるいはこれらを二つ割りにし材を、複数本用いて
並設した壁部材としたものであり、これらの壁部材の厚
み方向と平行な長孔であり、長孔の方向は、被穿孔物
(矩形の壁部材)(X)の一側部(Ya)の端部付近か
ら他側部(Yb)の中央点(P)を結ぶ線上に抜けるよ
うに、穿孔するものである。
【0013】さらに、ワークスタンド(3)が、被穿孔
物(X)の他側部(Yb)の中央点(P)を軸芯とする
回転可能なセットテーブル(4)上に設けられたもので
あり、また、セットテーブル(4)には、被穿孔物
(X)の高さを調整し、適宜な位置に長孔を設ける高さ
調整装置(5)を設けたものであり、該高さ調整装置
(5)は、ワークスタンド(3)より、被穿孔物(X)
を載置したセットテーブル(4)がエアシリンダ等の動
力により昇降可能としたものである。
【0014】
【発明の効果】この発明によると、被穿孔物(X)を、
セットテーブル(4)上に位置を正しくセットすれば、
あとは、マシンスタンド(1)とワークスタンド(2)
との位置関係がセットされており、自動的に正しい位置
(線)にそって機械的に長孔があけられるため、簡単か
つ迅速に穿孔作業が行え、工期の短縮によりコストも低
減でき、省力的である等極めて有益なる効果を奏するも
のである。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の一実施例を示す平面図である。
【図2】この発明の一実施例を示す正面図である。
【符号の説明】
1 穿孔機 1a レールベース 1b ドリルユニットスライドテーブル 1c スピンドルケース 1d スライドシフター 1f 穿孔ドリル 1e 自動送り用モータ 1g エアシリンダー 2 マシンスタンド 3 ワークスタンド 3a 受台 4 セットテーブル 5 高さ調整装置 P 中央点 X 被穿孔物 Ya 被穿孔物の一側部 Yb 被穿孔物の他側部 Z 軸芯

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 水平方向に深い孔をあけるための穿孔機
    (1)を搭載したマシンスタンド(2)と、該マシンス
    タンド近傍にワークスタンド(3)を設け、該ワークス
    タンドには、被穿孔物(X)を一時固定するセットテー
    ブル(4)を回転可能に設け、該セットテーブル(4)
    上には、被穿孔物(X)を、該穿孔機(1)の穿孔ドリ
    ル(1f)の軸方向の延長線上であって、矩形の被穿孔
    物(X)の一側部(Ya)の端部付近から他側部(Y
    b)の中央点(P)を結ぶ線上に抜けるように、マシン
    スタンド(1)とセットテーブル(4)とを旋回可能に
    セットして穿孔することを特徴とする斜穿孔装置。
  2. 【請求項2】 被穿孔物(X)が、柱、丸太、間伐材、
    またはこれらの半割り材を、複数本用いて並設して構成
    した壁部材であることを特徴とする特許請求の範囲第1
    項記載の斜穿孔装置。
  3. 【請求項3】 ワークスタンド(3)が、被穿孔物
    (X)の他側部(Yb)を軸着する回転可能なセットテ
    ーブル(4)を設けたことを特徴とする特許請求の範囲
    第1項記載の斜穿孔装置。
  4. 【請求項4】 セットテーブル(4)には、被穿孔物
    (X)の高さを調整するたかさ調整装置(5)を設けた
    ことを特徴とする特許請求の範囲第1項記載の斜穿孔装
    置。
JP18991098A 1998-06-19 1998-06-19 斜穿孔装置 Pending JP2000006107A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18991098A JP2000006107A (ja) 1998-06-19 1998-06-19 斜穿孔装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18991098A JP2000006107A (ja) 1998-06-19 1998-06-19 斜穿孔装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000006107A true JP2000006107A (ja) 2000-01-11

Family

ID=16249263

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18991098A Pending JP2000006107A (ja) 1998-06-19 1998-06-19 斜穿孔装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000006107A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101226636B1 (ko) 2010-12-30 2013-01-25 정원엽 중공 가공 장치
KR101809084B1 (ko) * 2017-06-28 2017-12-14 배미정 탁상 드릴링 머신용 보조 작업대
CN111168775A (zh) * 2020-01-17 2020-05-19 陈昌文 椅子加工用的木板联动开孔装置

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101226636B1 (ko) 2010-12-30 2013-01-25 정원엽 중공 가공 장치
KR101809084B1 (ko) * 2017-06-28 2017-12-14 배미정 탁상 드릴링 머신용 보조 작업대
CN111168775A (zh) * 2020-01-17 2020-05-19 陈昌文 椅子加工用的木板联动开孔装置
CN111168775B (zh) * 2020-01-17 2021-11-12 杭州凯艺家居有限公司 椅子加工用的木板联动开孔装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4294297A (en) Router guide apparatus and method
US6047871A (en) Brick cutting apparatus
JPS62221501A (ja) 鋸断兼穿孔機
KR101612539B1 (ko) 천공 위치 이동식 건축 자재용 천공 장치 및 이를 이용한 홀 천공 방법
KR101027241B1 (ko) 커팅각도가 조절되는 목재 재단장치
JP2000006107A (ja) 斜穿孔装置
KR20210041176A (ko) 필름 타발 장치
WO2021125743A1 (ko) 다목적 커팅기 테이블
OA12524A (en) Formwork for precast concrete panels.
JP2000176715A (ja) 多軸ボール盤
CN210525365U (zh) 一种木质家具用打孔装置
KR20160064606A (ko) 코어 드릴 작업대
JPH06344304A (ja) 留切ボーラー
JPH05293820A (ja) 穿孔装置
JPH11152902A (ja) 穿孔装置
JP6510172B2 (ja) 遊技盤の製造方法および遊技盤の製造装置
JP2000153404A (ja) 穿孔方法とその装置
JP2005066664A (ja) 穿孔プレス装置
KR200332020Y1 (ko) 판재 재단기의 조기대 장치
JPH0627283Y2 (ja) 穿孔機のワーククランプ機構
JPH0760517A (ja) 樹脂成形品用穿孔装置
JPS586580Y2 (ja) 角パイプ材の穴明け装置
JPH067851Y2 (ja) 穿孔機のワーククランプ装置
JP3299548B2 (ja) 床柱の切削加工機
JPH079968Y2 (ja) 建築用筋かいの長さと両端の木口カット及びボルト孔位置等の設定用定規